たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

アルミ製の目隠しフェンスなら、もしもの地震にも安心! ブロック塀 改修のすすめ②

こんにちは。
設計の尾上です。

今日は、前回のブログに引き続いてのブロック塀改修のすすめ第2段!
目隠しフェンスのご紹介です。
前回の内容はこちら↓




今回は、フェンスを2、3段重ねて、フェンスのみで目隠し可能な多段フェンスと呼ばれるタイプのフェンスをご紹介いたしますよ~。
(↓こんな感じのフェンスです)


シャトレナ 多段支柱 三協


こちらの多段フェンスは、高さが高いので、強度の問題からブロックと組み合わせての施工はできません。(※ブロック施工が可能なものも中にはございます。)
柱の根本をコンクリートで固め、地面に直接埋め込んで施工します。

高さは様々ございますが、1m20cm、1m40cm、1m60cmと、20cm間隔で高さが増して行き、最高3mまで施工が可能です。
実際によく選ばれている高さは・・・
80cmフェンス2枚の組み合わせ1m60cm
または1mフェンス+80cmフェンス2枚の組み合わせ1m80cm
このあたりの設定が人気です




多段フェンス
多段フェンスは上段、下段で異なるフェンスを組み合わせて設置する事も可能です。
上段を目隠しフェンスにして、下段は比較的隙間のあいたフェンスを選ばれる方も実際に多くおります。
この組み合わせは目隠し度の高いフェンスを2段重ねた時に比べて、見た目が軽い印象に。
用途やお好みで自由に組み合わせてみて下さいね。



以上、簡単ではございますが、多段フェンスのご紹介でした。
2回に分けて、ブロック塀 改修のすすめと題しまして、目隠しフェンスをご紹介してきましたが、地震などの天災に備えてブロック塀の改修をお考えの方は、お気軽にハマニグリーンパークへご相談下さい。
また、弊社ではブロック塀診断の依頼も受け付けております。10月20日(土)、21日(日)に開催を予定している秋イベントでもブロック塀診断の相談会も予定しておりますので、この機会に是非足を運んでいただければと思います。
(イベントに関する詳細はこちらをご覧ください。




ハマニグリーンパークHP

ハマニグリーンパーク施工アルバム