浜松市・磐田市・袋井市|エクステリア・外構

MENU CLOSE

ガーデンコラム

COLUMN

2024.06.30

川島

2024.06.30

庭じまいについて考える 浜松市庭リフォーム

目次

浜松市浜名区にありますエクステリア専門店ハマニグリーンパークです。

今回は最近工事のお問合せ内容として多い庭じまいについて、ご紹介させていただこうと思います。

 

庭じまいとは・・・

庭じまいとは あまりなじみのない言葉ではありますが一般的に

「高齢になり庭の植栽が管理できなくなってきた」

「相続した家の庭の管理が出来ない」

「庭の所有者が高齢で親族が庭の雑草の管理が難しい」

など、年月が経ったお庭には管理が必要です。

美しいお庭の状態を維持するには、ご自身でやる場合には非常に大きくの時間と労力を費やすこととなります。

以前はご自身で管理・剪定していたお庭も、高齢で体力的につらくなったり、病気をきっかけに手入れが出来なくなったりとか、様々な要因でお庭の管理が難しくなったというお客様のお声をよくお聞きします。

このようなタイミングで「庭じまい」をし、庭の管理にかかわる労力や時間を極力かからないよう負担を減らし、今後の生活を豊かにするこが目的となします。また相続後の負担をなくすためにもなります。

 

 

弊社の施工例より、庭じまいの施工例をご紹介させていただきます。

 

case1 大きくりすぎて自分下剪定できなくなった植栽のサイズダウン

こちらの庭じまいの施工内容として、今まではお客様ご自身でお庭の植栽の剪定をしておりましたが、植栽が大きくなりすぎてしまった為、年齢的に脚立に登ったりするのが危なく、ただ植栽が全部なくなってしまうのはまだ寂しいのとご自分でも手入れはされたいというご要望がありましたので、手が届く高さに植栽の伐採・剪定ということでご依頼をいただきました。

 

施工前

 

施工後

 

 

施工前

施工後

という感じでご自身では作業が難しいい植栽伐採・剪定をさせていただきました。

 

case2 シバの管理がやりきれなく、一度リセットし人工シバへ

こちらの庭じまいのケースはシバの管理にかかる労力が年齢と共に難しくご依頼をいただきました。

シバを植え何年か経つと、花壇の中や砂利の中にシバが入ってしまって管理が難しくなり、そのままになってしまいました。コウライシバ部分を人工芝にして管理が楽になろよう、お庭のリフォームで防草対策をメインに手のかからないお庭造りのお手伝いをハマニグリーンパークがさせていただきました。

施工前

コウライシバがあった部分は人工芝にし、花壇部分はまだお客様ご自身も花壇にお花を植えたりと家庭菜園を楽しみたいというご意向で、ボサボサになってしまった低木・草花・雑草・シバを取り除き土を培養土に土を入れ替えました。

また、砂利の下には防草シートも一部入れ防草対策もバッチリの管理の労力の少ない楽しめるお庭となりました。

 

こちらは庭じまいの工事と一例となりますが

 

静岡県西部で庭じまいや植栽の伐採・伐根・防草対策の工事内容にご興味がある方は是非

ハマニグリーンパーク(有)までお問合せください。

 

ハマニグリーンパークは浜松市浜名区を拠点に展開するエクステリアの専門店!
お家の外周りに関する様々な相談、施工を承っております。

・新築外構工事
・お庭リフォーム工事
・駐車場増設
・カーポート設置
・ウッドデッキ設置
・テラス設置

・物置、ガレージ設置
・植栽工事

などなど・・・・
お家の外周りにお庭や外構部分に関する事でお困り事やお悩み事があれば、お気軽にハマニグリーンパークへご相談下さい。

 

 

 

 

施工アルバム

WRITER 川島 茂

所長

保有資格

1級エクステリアプランナー
ブロック塀診断士

お客様のライフスタイルに合ったプランを提案させて頂きます。今までの経験を活かし、より分かりやすく、より丁寧なご提案を心掛けています。