たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

エクステリアにおける台風対策

こんにちは。
浜松市浜北区にあるエクステリア専門店「ハマニグリーンパーク」の尾上です。


7月も終わりに近づき、台風が発生しやすい時期になって来ました。
昨今は自然災害にも似た被害をもたらす、物凄い勢力の台風が多く発生しており、どう抗っても太刀打ちできないような異常な台風も増えておりますが・・・
それでも、被害を少しでも減らす為の努力をする事は可能です。


そこで今日は、エクステリアにおける台風対策を簡単にではございますが、ご紹介して行こうと思います。

1台用カーポートや片面支持タイプと呼ばれるカーポートをご使用の方で、サポート柱をお持ちの方は、あらかじめ装着しておきましょう。
サポート柱を取り付けることで風による揺れを軽減することができ、耐風圧強度が上がります。

※装着方法は各商品の取り扱い説明書に分かりやすく記載されております。
※サポート柱はオプション品となっております。今後カーポートの購入をお考えの方は、もしもに備えてサポート柱も付属購入することをおススメします。
サポート柱を取り付けた状態




・伸縮門扉(またはアコーディオン門扉)
駐車場周りの防犯目的で設置されている事が多い伸縮門扉は、開いた状態にしておくと倒れる危険があります。台風などの強風時には、門扉を畳んだ状態にしましょう。更に、風に煽られて広がったりバタバタならないよう、柱などに紐で縛り付けておくことが重要です。

IMG_1851




・片開き、両開き門扉
門周りに設置されている事が多い開き戸門扉は、アコーディオン門扉とは逆に、しっかりと扉を締めて、鍵もしっかりしめておきましょう。そして、落とし棒も忘れずに落して、動かないように固定してください。

ラフィーネ門扉

門扉 落とし棒




・跳ね上げ門扉
跳ね上げ門扉も開き戸門扉と同様、閉じた状態でしっかりとロックしておくことが大切です。

跳ね上げ2

・オーニング
オーニングと呼ばれる収納式の日除け屋根は、必ず収納しておきましょう。

オーニング2

オーニング1




・パーゴラ
パーゴラの屋根に取り付けられた日よけも、同じく折りたたんで収納してください。(写真は開いた状態ですが・・・)
更に紐などでぐるぐる巻きにしておくと、より効果的です。

57425e25d62056fa4756d319156cb3ab

・ガーデンルーム/サンルーム
ガーデンルームやサンルームは、扉を全て閉めて、鍵も忘れずに締めておきましょう。
風などで戸が開くと、風が集まり扉が壊れる可能性があります。

ガーデンルーム ジーマ

・植木
植栽も強風で倒れることがあります。近くの固定物にロープなどで縛り、植木を固定しておくことが有効的です。また、支柱がある植木の場合は、支柱に結び付けてある縄が緩んでいないか台風の前に忘れずに確認しましょう。


・ガーデンファニチャー
植物を植えてある鉢や、普段お庭を飾り付けている置物などは、屋内に移動したり、風の抵抗を受け難い場所へ移動しておきましょう。また、風で倒れないように予め倒しておくことも有効的です。


・物置
物置は簡易施錠に留まらず、必ず鍵をしめてください。
荷物が少ない状態では飛ばされてしまう危険があるので物置の中を重くしておくことも大切です。
また、重たい荷物は低い位置に、軽い荷物は高い位置にと重心を低くすることで、風で煽られた際の安定感が増します。

奥行が薄いタイプや小型タイプの物置は、植木同様、固定物に固定しておくと良いでしょう。

物置の台風対策は、設置方法やサイズ、設置場所などの条件が大変重要になってきます。
今後物置の設置をお考えの方は、それらの点に気を付けて検討してみて下さいね。



以上、簡単ではありまりましたがエクステリアにおける台風対策のご紹介でした。
最近の人知を超えた自然災害レベルの台風に、どこまで有効的かはわかりませんが、少しでも被害が抑えられるよう、台風対策はとても大事です。今日ご紹介した内容が少しでも皆様のお役に立てたなら幸いです。




~*~*~*~*~*~*~*~


ハマニグリーンパークでは、新築外構工事・リフォーム工事・境界塀の改修工事やカーポート・テラス・ウッドデッキの取り付け工事などなど・・・お家の外回りに関する様々な工事を手掛けています。家の外回りに関する事で、何かお困り事やお悩み事があれば、お気軽にハマニグリーンパークへご相談下さい。