たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

犬と暮らすための心構えを知ろう

11399
現在、犬と猫を合わせた飼育頭数は、15歳以下の子どもの数を上回っています。
それだけペットとの暮らしを好む人が増えているのです。
特に、昔から人気の高い犬とともに暮らすスタイルは今やあたり前になってきました。
しかし一方では、どうしたら自分たちもペットも楽しく快適に暮らせるのだろうかと言った悩みを抱えている人も少なくありません。
そこで、環境づくりをはじめ、知っておきたいっ心がまえをまとめてみました。
6338
7319
2771
ペットの歴史は古く、特に人と犬は古くから良きパートナーとして暮らしてきました。近年の核家族化・少子高齢化により人と人との関係が希薄になるにつれ、犬は人の心を癒す家族の一員としてますます貴重な存在に。
番犬として外で暮らしていた生活から、室内で家族と一緒に暮らすライフスタイルへと変わってきたのです。そこで考慮したいのが、家族だけでなく犬にとっても快適な住空間のあり方です。
犬種によって大きさ、習性、性格などが異なるので、まずは愛犬にふさわしい環境づくりを考えることから始めましょう。
3469
室内は、

①空間に限りがある

②床が滑りやすい

③段差がある

の3点が犬にはNGです。特にフローリングの床は犬の足腰に負担を与え、ヘルニア、脱臼、関節炎などを招く危険があります。中でもミニチュアダックスフンドが代表的な胴長短足犬、トイプードルをはじめとする脚の間接が弱い犬種は注意が必要です。また、犬はもともと草原を走り回っていたルーツを持つので、室内の限られた空間での暮らしはストレスになりがちです。毎日の散歩はもちろん、庭をドッグランとして活用するなど、アウトドアで十分な運動をさせてあげることが大切です。
犬は日光浴も大好きです。日光浴は皮膚病予防の効果もあるので、テラスやデッキなど日光浴ができる場所も作ってあげましょう。






弊社のテラス施工例は ↓ ↓ ↓ こちらをご覧ください。
施工アルバム【テラス】


こちらもオススメです。↓ ↓ ↓ 
4393
犬のルーツと言われているオオカミは群れで暮らす社会性の高い動物。
その血筋が犬に受け継がれ、犬もはっきりした主従関係を好む習性があります。
ですから、犬は飼い主を自分の主人と認識し、一緒にいることが大好きなのです。飼い主とともにアウトドアライフを楽しむことは、犬にとって大きな幸せ。
庭で遊んだり、室内と庭をつなぐデッキやテラス、ガーデンルームでくつろぐなど、一緒に過ごせる快適空間をぜひ作りたいものです。


弊社のガーデンルーム施工例は ↓ ↓ ↓ こちらをご覧ください。


こちらもオススメです。↓ ↓ ↓ 
5367
動物愛護法では、「人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない」(第ニ条)、「動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は専有する動物の逸走を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない」(第七条)と定められています。
したがって犬の飼い主は、犬の習性に見合った設備や逃走を防ぐ設備などを住まいに取り入れたり、工夫する義務があることをきちんと認識しましょう。
8292
9271