たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

人工木ウッドデッキ お手入れ方法

ウッドデッキ表面についたゴミ・ほこりは、ほうきなどでこまめに取り除いてください。
汚れている部分は、雑巾やスポンジなど軟らかいものを使って水洗いしてっから、乾拭きするか、それでも落ちない場合は薄めた台所用合成洗剤を使って汚れを落とし、洗剤がウッドデッキ表面に残らないよう、よく水で洗い流して最後にしっかり乾拭きをしてください。

また、雑巾・スポンジ・デッキブラシを用いてお手入れする場合は、長手方向(節目の方向)に沿って行ってください。

■ウッドデッキ表面に付着したシミや汚れは、早めに取り除いてください。長時間放置しますと頑固なシミや黒ずみ、汚れの原因となります。


【雨シミの除去】
使用環境によって雨・雷、散水によりウッドデッキ表面に部分的にシミが残ることがあります。
1.施工面全体的に、表面のゴミ・ほこり・汚れをとっていきます。
2.散水ホースなどを使って、ウッドデッキ表面が完全に塗れるよう散水します。
3.散水したら、自然乾燥させますと目立ちにくくなることができます。表面に水が部分的にあと残りしている場合は最後に必ず乾拭きしてくださいね。


【通常のお手入れではなかなか取れない頑固なシミや黒ずみ、汚れ】
次亜塩素酸系漂白剤(台所漂白剤)を使って取り除いてください。
1.表面のゴミ・ほこり・汚れを乗り除いた後、散水し表面を濡らした状態にします。
2.濡れた状態で汚れを落としたい部分を中心に、周りに漂白剤をまき、5分ほど放置します。漂白剤の使用にあたっては、漂白剤の「使用上のご注意」を必ずお読みください。
3.5分ほど経過後、散水しながら長手方向(節目の方向)に沿って、ブラシやスポンジで軽く擦りながら洗い落とします。
4.最後に表面や床面などに漂白剤が残らないように、しっかり散水し洗い流してください。洗い終わったら表面に水が残らないように乾拭きしてください。

☆ポイント☆☆
●汚れをとるために次亜塩素酸系漂白剤を部分的に使用しますと、その部分の色が他の部分と違って見えてしまう場合があります。なので、上記の1~4の漂白剤によるメンテナンスを全体的に渡って行っていただくことをオススメします。
●シンナー、ベンジンなどの有機溶剤は使用しないでください。材料が変色する恐れがございます。


【キズの補修方法】
使用しているうちにウッドデッキ表面にキズがつくことがあります。市販のサンドペーパーで表面を長手方向の節目に合わせ、キズがある部分を周囲と全体的にぼかす感じでこするとキレイに補修することができます。市販のペーパーホルダー(サンドペーパーを取り付ける補助器具)を使うと便利ですよ。

☆ポイント☆☆
●指定番手以外のサンドペーパーや金属ブラシでウッドデッキ表面をこすることはおやめください。また、表面を過度にこすらないでください。意匠性が損なわれたり、変色するお恐れがあります。(サンドペーパーの番手については、ウッドデッキの取り扱い説明書をご参照ください)
●部分的にキズの補修を行った場合、周囲と外観と違って見えることがあります。周囲を含め全体的にぼかす感じですることがポイントとなってきます。

〔用意するもの〕
・軍手
・サンドペーパー(番手については各取扱説明書参照)
・サンドペーパーホルダー



11286
1.ゴミ・ほこりを取り除きます。
3381
2.サンドペーパーにて損傷部の節目に合わせてこすってください。サンドペーパーホルダーを使用するときれいに仕上がります。
※サンドペーパー、サンドペーパーホルダーは市販品を使用してください。(サンドペーパーの番手については各取扱説明書を参照してください)
2657
3.水洗いをして削りカスを取り除いてください。
4323
4.最後に全体的に乾拭きして終了です。
表面を被膜していますので汚れの落ち方を見ながら過度に強くこすらないでくださいね。
芯層が露出してしまいます。局部的に強くこすらず、全体をはがすようにやさしく擦ってください。

シンナー、ベンジンなどの有機溶剤は使用しないでください。材料が変色するおそれがあります。