たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

お庭の雑草対策

bdf78de48523874349b9654865302401
少し目を離すとすぐに伸びてしまう雑草・・・

花壇を造ったり家庭菜園を楽しんだり、シンボルツリーを植えたり…
自然味溢れるステキなお庭を作りたい方も多いと思いますが、植栽スペースが増えると必然的に雑草もイキイキと生えるようになってしまいます。

多い相談としては
■自宅の裏側の雑草が抜いても抜いても生えてきて大変。
■動物を飼っているのでなるべくなら除草剤などを使いたくない。
■夫婦共働きなので、草むしりする時間が持てない。
■緑は欲しいけど、雑草が生えにくい感じにしたい。
■生前、両親が大事に手入れしていたお庭ですが今は管理するのが大変になってしまった。
■若い時は芝刈りも頑張っていたが年を取り、しんどくなってしまった。楽なお庭にしたい。
等々、お庭と雑草対策は切っても切れない仲となっています。
73ae9c5e153f8a6863c1347ec78585de4
お手入れは大変ですが、【天然、自然にこだわりたい方】には天然芝をご紹介します。
リビングから眺める緑の芝生を眺めているだけで癒されますね。

子供たちが走り回ったり、水遊びしたり寝転んだり。
メンテナンスが大変かもしれませんが、自然な優しい雰囲気のお庭になります。

4ce948343ae5c16318bbfc04d2c10200
【防草シート】+【人工芝】です。
最近の人工芝はパッとみて人工芝だと分かりにくいものが多いです。
毛足も長く、枯れた葉までも再現されていています。
子供が寝転がったり、走り回ったりしても怪我をしにくい素材でペットにも安心です。

メンテナンスフリーで、時間がなくあまりお庭に構うことが出来ない方にオススメです。
また枯れないので、年中緑を楽しむことができます。

人工芝をお考えの方は、人工芝の種類、耐久年数を確認することが重要です。耐久年数が「5年~10年」などきちんと実証されている人工芝を選びましょう。
ce366d0205b4a97f4588a4bf960a951d
家の周囲の雑草の駆除など【除草剤】をまくというのも効果があります。
現在は芝生専用の除草剤や、お子様や動物がいても安心安全な植物成分由来の除草剤など色々な商品が売られています。
業者に頼むことなく、ご自分でまくこともできるので安価な価格で行うことができます。

注意点として、除草剤のかかったところのものは全て枯らしてしまう恐れがあるので、家庭菜園の中の雑草などには適さない場合が多いです。
広範囲に比較的簡単にまけて効果も抜群なので細かな通路などの草むしりから解放されたい方にはオススメな方法です。
222c17fad6b77718fffe8c66fad0c706
【防草シート】+【砂利】です。
砂利を敷くだけでも良いのですが、それでも雑草は生えてきます。
オススメするのは防草シートを敷いてからの砂利敷きです。

家と塀の間などのちょっとしたすき間に砂利を敷くのは効果的です。例え防草シートを敷いていなくても砂利の上に顔を出した雑草は比較的とても抜きやすいです。

また砂利の上を歩くと独特な音がするので防犯対策にもなります。

短所として、お子さんが石を投げて遊んで車を傷つけてしまったり、転んで怪我をするなど安心して遊ばせにくい点があります。
また一度敷いてしまうと撤去が大変です。






d8469da34c0512b95c8f63fccce23292
施工後は、長期間に渡って雑草が生えにくくなります。
コンクリートは強度があり耐久性もあります。長期間メンテナンスフリーでお手軽です。
見た目も清潔感がありますね。

平なので、ゴミ箱を置いたりガーデングッズを置いたりもできます。
コンクリートなので歩きやすいです。
施工の注意点としては、水はけの計画をしっかりとしましょう。

掃除も安易にできますが、ひび割れが発生する場合もございます。



弊社では透水性コンクリートの施工も行っております。




味気ないなと思う人にはマットスプレーもオススメです。

0438fb74befe6f700a7b4125bbed9b77
自然石や、タイルを張ってデザイン性のあるオシャレなお庭にします。
見た目も良く、雑草対策に悩まされることもありません。

またタイルにはデザインが豊富にあり、お掃除も楽ちんです。
タイルに熱がこもりやすくヒビや破損の可能性もありますので、もしご自分で敷くにはある程度の技術が必要です。

ウッドチップは、天然素材なので庭が自然な雰囲気になりリラックス効果もあります。
注意点としては、日当たりの良くない場所では、虫やカビが出にくくなるので注意が必要です。

バークチップ、ウッドチップなどホームセンターで手に入るものも多く、ご自分でDIYでやりたい!という方にオススメです。
バークチップとは、樹皮を粉砕したものです。
ウッドチップは木材を粉砕したものです。
色味もそれぞれ違いますので、家に合ったものを選ぶといいかもしれません。
完成するとお庭の雰囲気がガラッと変わりオシャレな雰囲気になります。

砂利や人工芝同様、チップの下には防草シートを敷設するとより雑草対策になります。





27e623faea6d61b9b350623830d8bb823
防草シートを敷くことにより、日光を遮断することができ雑草が生えてこなくなります。
防草シートは紫外線にも弱く、そのままでは景観的にもあまりよくありません。
砂利や、人工芝などを上に乗せて使うのが一般的でより効果を発揮することができます。

dd367da4b13538577f0e90af6bc0b901
固まる土はホームセンターなどでも販売されていて入手しやすいです。
DIYでも施工することは可能です。

この土は、そのまま敷いて平にならしたら水を掛けるものが一般的です。
厚みや水加減により出来上がりが大きく変わりますので、慣れてない人には難易度が高いかもしれません。
コンクリートを敷くよりもコストが安く、雑草抑制の効果も高いです。
また、水たまりもできにくく雨の日も歩きやすいです。

デメリットとしては、素人では出来上がりにムラが出てしまったり、強度が弱いので割れやすかったり、経年劣化でボロボロ崩れてしまうこともあるので定期的なメンテナンスが必要かもしれません。

施工する時は、晴天の日が3日~5日は続く日に行います。ひび割れなどを防ぐため、事前にきれいに除草作業を行い、小さい石を取り除き平面を均一にしておくといいかもしれません。


他の生き生きガーデン豆知識を見る