たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

門扉の選び方おコツ教えます。

11418
門扉選びのコツを教えます。
窓辺からお庭、玄関からアプローチ、そして街並み…。
お客様ひとりひとりのライフスタイルに合せ、まるごとご提案いたします。
2782
エレガントでコンテンポラリーな住まいに連動するように、アルミ鋳物の「シャローネ シリーズ」の門扉とフェンスでファサードをコーディネイト。植栽の優しい雰囲気と開放感が魅力的なプランです。
3479
建物と門まわりの統一感が美しいプランです。建物の軒の水平ラインを、門扉と門塀、アーチをバランスよく配置することで、住宅全体をより大きく見せます。
4403
重厚な外構堀と巧みな植栽デザインが、建物に呼応する上質なイメージを表出させ、見事なプライベートアプローチガーデンとなっています。
5377
ホワイト系でまとめたアール形状のフェンスと住宅が、女性的な優しいイメージです。
カームブラック色の「シャローネ シリーズ」の門扉と機能門柱がアクセントとなっています。
6348
堂々とした重厚な門塀に、有機的デザインが印象的な「シャローネ 門扉」がとてもよくマッチしています。エレガントな門構えで、訪れる人を迎え入れます。
7328
直線的でスタイリッシュな佇まいに、幾何学模様のアクセントが光るプランです。
「シャローネ 門扉」が抜け感を生み出し、その先の空間を上品に浮かび上がらせています。
8301
玄関先のスペースが、濡れずに出入りしたり作業もできるスペースになりました。プライバシーに配慮した、便利な半外部空間です。
9280
海外生活から戻られたお施主様が、老後も楽しめるようにと考えて行われたリフォームです。レンガなどにこだわり、昔から存在していたように見せています。お施主様にはメンテンナンス性と使い勝手の良さで「シャローネ シリーズ」の門扉とフェンスを採用していただきました。
10281
オープンスタイルの芝生面に、遠回りするアプローチをつけたっことで、植木や芝をより楽しめるようになりました。また、「シャローネ シリーズ」の門扉と、それに続く門塀の柔らかい曲線が、外と内とを上手に区別しながらも優しくゲストを迎え入れる雰囲気をつくり出しています。
11419
木調カラーの「エクスティアラ門扉」を配置したことで、夜でも温かく出迎えてくれるファサードとなりました。門扉、塀、植栽がリズミカルな陰影を生み出し、クローズドスタイルでも圧迫感を感じさせません。
12278
門まわりの印象は、住まいの印象。
では、エクステリア選びではどのようなポイントを意識すればよいのでしょうか。

■門扉の役割
・建物を引き立てる。
・住む人の個性を表現する。
・街並みと調和する。
・公道と我が家を区切り、気持ちの切り替えを促す。
・防犯性を高める。
・プライバシーを守る。

■門扉選びの4ステップ
①スタイル
 外構をどのようなスタイルでつくるのか。オープン/クローズド/セミクローズドのいずれかにするかを決める。

②デザイン
 住まいの外観スタイルとの調和を考えながら、ベーシック、洋風などのデザインを決めます。

③レイアウト
 門扉の大きさや開閉スタイル、支持方法、玄関までのアプローチの取り方、カーポートとの関係などを決めます。

④機能
 門扉の施錠方法や、ネームプレート、ポスト、照明、インターフォンなどの機能面を検討し、必要な要素を決めます。
ライフスタイルや好みに合せて、住宅スタイルの基本的な考え方を決めましょう。

開放的で、いつでも人を迎え入れるオープンスタイル、プライバシーを重視し、家族をしっかり守るクローズドスタイル。そして、その中間のセミクローズドスタイル。それぞれの良さがあります。
ライフスタイルや好みに合せて、まず基本的な考え方を決めましょう。

■3つのタイプのうちどれにするか、いくつかのチェックポイントがあります。
・開放感…町家近所に対して開くか、閉じるか。
・プライバシー…家族の生活や人の出入りをどこまで見せるのか。
・安全性・防犯性…道路へ出る時の安全性、侵入されない対策をどうするのか。
・機能性…訪問者への便宜・車の出し入れのしやすさをどう考えるか。

こうした視点でしっかりチェックして、我が家にふさわしい門扉を選びましょう。

13247
■オープンスタイル

豊かな植栽が建物を引き立てます。
街と人への温かな心が伝わる住宅スタイルです。

〔オープンスタイルの魅力〕
・花や緑で街並みを美しく彩り、潤いをもたらしてくれる。
・玄関まわりのデコレーションやガーデニングの楽しみがある。
・人を気軽に招き入れることができる。
・玄関や建物内に光や風を導きやすい。

〔オープンスタイルの注意点〕
・外から庭や窓が見えやすいので、植栽等で目隠しする配慮が必要。
・敷地内に入りやすいので、建物自体の防犯性を高める配慮が必要。
・植栽が目立つので、手入れをきちんとする必要がある。
・子供やペットが道路に飛び出すことがないよう、配慮や工夫が必要。

14214
■クローズドスタイル

家族のプライバシーをしっかり守り、暮らしの安心を支える住宅スタイルです。

〔クローズドスタイルの魅力〕
・通りや隣家からの視線を気にせず、家族のプライバシーをしっかり守ることができる。
・内部に侵入されにくく、防犯性が高い。
・子供やペットが道路に飛び出す心配が少ない。

〔クローズドスタイルの注意点〕
・閉鎖的な印象を与えやすいので、差し支えない範囲で視線の「抜け」をつくる。
・高さや色、デザインに配慮し、通りや周囲に圧迫感を与えない工夫が必要。
・一度内部に侵入されると、隠れることが容易なので、セキュリティシステム等との併用が必要。
15186
■セミクローズドスタイル

ほどよく視線を遮りながら、境界を明確にするスタイル。豊富な門扉のデザインが楽しめます。

〔セミクローズドスタイルの魅力〕
・プライバシーの確保と開放感、それぞれの魅力を楽しめる。
・「隠す」「見せる」という2つのバランスをうまく調整できる。
・門扉のデザインや素材・色などのバリエーションが楽しめる。
・将来、門扉を替えるだけで外構のイメージを変更できる。

〔セミクローズドスタイルの注意点〕
・建物や玄関ドアと門扉のデザインの統一性やバランスに配慮が必要。
・オープンとクローズドの両方の性質を備えるため、目的をしっかり決めたプランニングが必要。
・クローズドに傾かないように、門扉やフェンスのデザインに配慮する。
16178
■ベーシックスタイル

従来の和風住宅に洋風テイストを融合した外観や、シンプルな中にも表情のある外観などといったスタンダードなスタイル。切妻や寄棟の屋根と深めの軒、引違いの窓のような外観デザインに似合う門扉です。
17167
■洋風スタイル

チューダー調と呼ばれる、柱と梁を外部の側面に見せたハーフティンバーの北欧風住宅から、オレンジ色の洋風瓦にコテ跡を見せる白い塗り壁、要所に使われたレンガとアーチ型のデザインが特長の南欧風住宅など、バリエーション豊かなスタイル。優しい曲線やハンマートーン(槌跡)の美しい門扉が代表的です。
18160
■モダンスタイル

フラットなデザインと無彩色やメタル素材等で構成された、現代的で都会的なスタイル。このような住宅の門扉にはすっきりした直線的なデザインで、無駄を省いたクールな印象のマテリアルが似合います。
19142
■ジャパネスクスタイル

瓦や格子、塗り壁、軒、土間といった和風住宅の伝統的なエッセンスを、モダンなアレンジで取り入れた住宅デザイン。オーソドックスなタイプから斬新さを感じさせるタイプまで、住宅デザインに合せて表情豊かな門扉をチョイスできます。
敷地の接道状況を踏まえて、魅力あるアプローチをつくりましょう。

建物と敷地の接道状況(道路とどのように接しているか)は、1棟1棟異なっています。その特長を生かしながら、魅力あるアプローチを作りましょう。公道から”私”の領域へ、アプローチが心地よい切替えの場となります。


■アプローチの代表的なスタイル
前面の道路と玄関の位置、そして門扉の配置の仕方で、いろいろな種類のアプローチを計画することができます。
20115
正面入り(1)
道路と玄関が向き合っており、道路に平行して門扉を設けるスタイルです。門扉と玄関の位置を左右にずらせば、門から玄関が見通せないようになるので落ち着きます。
21161
正面入り(2)
道路に対して玄関が直角の位置にある場合です。道路と平行に門扉を設け、そこから建物の側面にある玄関へとアプローチをつくります。ガレージと玄関の距離も近くできます。
22144
斜め入り
道路と玄関は向き合っていますが、道路に対して斜めに門扉を設けるスタイルです。歩きながら視線の変化が楽しめ、それを前提にした植栽計画がアプローチの魅力を高めます。
23128
直角入り
道路と玄関は向き合っていますが、道路に対して直角に門扉を設けるスタイルです。門を入っていったん突き当たるので、植栽や置物などで変化を付ける事ができます。
”公”と”私”の切り替えに必要なのは”行為”

公道から我が家の領域に入る時、逆に我が家から公道に出る時、求められるのは気持ちの切り替えです。それを知らず知らずに促してくれるのが、門扉を開けたり閉めたりするという行為。門扉のハンドルを回す、鍵を掛けるといった行為。門扉のハンドルを回す、鍵を掛けるといった行為が、気持ちに区切りをつけてくれます。その意味でも、門扉はぜひ取り付けたいものです。



敷地の高低差を生かして魅力的なアプローチを演出

敷地に高低差があると、玄関まで階段を上がることになる場合もあります。階段や手すりのデザインと合わせて門扉を設ければ、美しく魅力的なアプローチにすることができます。


公道の状況によって高さも変わります。

敷地が接している道路の通行量などによって、門扉の高さの検討が必要になります。建物の高さとのバランスも考えましょう。
24120
高めのタイプ

敷地と接している道路が、人や車の通行量が多い賑やかなものである場合、プライバシー確保のためには、人の頭の高さを超える2m程度の高さのフェンスが必要になります。従って、門扉もその高さを確保することになります。


25112
標準的な高さ

あまりに高いフェンスや門扉は閉鎖的な印象を与えがちです。それほど道路からの視線を気にしなくていい状況であれば、1m~1.5mが標準的な高さです。植栽を効果的に使えば、オープンなイメージを残しながら視線を遮ることができます。
26110
低めのタイプ

庭を見せるオープン外構にする場合は、フェンスの高さは1m程度、またはそれ以下として、デザインは視線の通る格子状のものなどがオススメです。門扉もそれに合わせた高さやデザインを選びます。
2783
敷地に制約がある場合でもアプローチがつくれます。

アプローチは欲しいけれど、建物が道路のすぐそばまで建っているので十分なスペースがないという場合でも、門扉の位置や開閉方法の選び方で楽しいアプローチを作ることができます。


門扉と車のゲートが並ぶ場合は、デザインの統一性にも配慮しましょう。

道路側に設けられる門扉は、カースペースにもゲートを設ける際、それと並ぶ事になります。玄関への人のアプロ―と、カースペースへの車の侵入ルートがほぼ同じである場合には、門扉とゲートが一体になったデザインもご用意しています。


■玄関の位置と、門扉の位置を大きくずらす
前面道路に向かって玄関が設けられている場合でも、門扉の位置を玄関ドアから大きく左右いずれかにずらすことで、道路と平行のアプローチが生まれます。その場合、植栽やフェンスの格子など、光や風を遮らないようなものでアプローチを道路から隠しましょう。


■引戸は活用する
門扉は一般的には内開き(家屋側に押し開く)タイプが多いのですが、道路側に開くタイプや、横にスライドして開閉する引戸式のタイプもあります。引戸式であれば、開閉のために大きなスペースを用意する必要がないので、門扉と玄関の間が狭い場合でも門扉を取付けることができます。

2849
開き戸と引戸をセット。大きな開口部をシンプルにまとめます。

通用門として使える、引き戸付きタイプの引戸です。日常の人の出入りには開き戸を使い、車の出入りには引き戸を開ける事で大きな間口を確保します。
2945
間口の広い3枚(4枚)折戸を使って人の出入口とゲートを兼用。

道路側に大きな開口部を設け、そこに左右に折りたたむようにして開閉することができる門扉をつけています。人の出入りは扉1枚を開閉するだけ。車の出入りの際には全部を開きます。
3036
門扉を選ぶときに知っておきたい基礎知識
門扉の開閉スタイルやサイズのバリエーション、素材など、基礎的なことについてもぜひ知っておきましょう。


門扉の開き方…内開きが基本ですが、外開きや引戸タイプもあります。

■内開き
道路側から見て、家屋側に押し開く内開き。最も一般的なタイプです。

■外開き
道路側に開く外開き。開いた時に道路を通る人や車にぶつからないように、扉の幅+人の立つ幅だけ、門扉の取付け位置を家屋側に後退させる必要があります。

■引戸タイプ
横方向へのスライドで開閉する引戸タイプ。扉の開閉スペースが必要ないので、敷地を有効活用できます。


門扉の仕様バリエーション
片開きから両開き、さらに折戸施工があります。設置条件によって選べます。
31119
■片開き
主に勝手口、通用門などの間口の狭い場所に使用。オープンタイプの駐車スペースの横から入る門としても活用できます。

■両開き
主に玄関の前に設置する正門として利用します。

■親子開き
狭い間口でも両開き施工が可能。両開きの扉1枚幅より広い間口幅を取ることができます。

■3枚折戸
主として、カースペースなど間口の広い場所に使用。人の出入りを兼用する場合にも適しています。

■4枚折戸
主として、カースペースなど間口の広い場所に使用します。
32106
■門扉の支持方式

門扉の支持方式は、石瓶などに埋込金具を使用して、直接門扉を吊込む「埋込金具式」と、専用の門柱を用いる「門柱式」の2種類があります。
33105
■門扉の素材
門扉の素材は、大きく分けるとアルミ形材とアルミ鋳物の2種類ですが、ほかにもさまざまな素材があります。同じデザインでも、材質によってイメージが異なりますので、建物や街並みに合った門扉を選びましょう。

・形材門扉
たて・横・格子など直線的なデザインが特長です。カラーバリエーションが豊富で、さまざまな外観デザインに合わせやすい門扉です。

・鋳物門扉
デコラティブで立体感のあるデザインを表現します。曲線をふんだんに使い、優しい味わいと格調の高さを楽しめます。
錠のタイプや機能について。

デザインやカラーも大切ですが、忘れてはならないのが家をガードするという門扉の基本的な役割です。錠についても考えてみましょう。

■ピタッとKeyシステム
門扉や玄関ドアに近づけるだけでカギの開け閉めが可能な、非接触式のカードキー/シールキーです。

〔外出時〕
カードキー/シールキーをリーダー部に近づけると解錠します。
道路側に出て、門扉を閉めた後、カードキー/シールキーをリーダー部に近づけると施錠します。

〔帰宅時〕
カードキー/シールキーをリーダー部に近づけると解錠します。
敷地内に入り、門扉を閉めた後、カードキー/シールキーをリーダー部に近づけると施錠します。








浜松市・磐田市・袋井市・掛川市で門扉をご希望のお客様はハマニグリーンパークまでお問い合わせください。