たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

庭木の剪定 切る枝の基本

A

どの樹木も下記に該当する枝は、基本的に切りましょう。
わかりやすく図解して説明いたします。
赤い線が枝を切る位置です。
ce8b2dbabb59330d190a574ed038c9e5
<立ち枝>通常横に広がるべき枝がまっすぐに伸びてしまった枝です。元から切ります。

<交差枝>他の枝と交差している枝です。元から切ります。

<かんぬき枝>幹から左右対称に伸びて、十字型をつくる枝です。どちらか一方を切ります。

<からみ枝>枝同士がからみつくように伸びた枝です。樹形を考え、どちらか一方を切りましょう。

<平行枝>平行に伸びた枝です。どちらか一方を切りましょう。

<徒長枝>飛び出るように真上に伸びた枝です。比較的細く、暴雨によって折れる事もあるので元から切りましょう。

<下がり枝>垂れ枝ともいい、下方に向かって伸びた枝です。元から切りましょう。

<ふところ枝>樹幹付近から伸びた枝です。付け根に害虫が付きやすいので元から切りましょう。

<車枝>1ケ所から何本も枝が出てきます。すかし剪定をしましょう。

<逆さ枝>幹の方向に向かって伸びた枝です。元から切りましょう。

<胴吹き枝>樹木の根元部分から伸びた枝です。栄養が上部に届きにくくなるため、早めに切りましょう。

<ひこばえ>樹木の根元から出てくる細い枝です。これも栄養が上部に届きにくくなるため、早めに切りましょう。