たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

紅葉の仕組み知ってます?


こんにちは小瀧です。めっきり秋らしくなって来ましたね!秋と言えば食欲・読書・スポーツなど色々活動しやすい季節ですよね、ところで秋と言えば紅葉シーズンですが、なぜ秋になると紅葉するのですか?とハマニグリーンパークの社員に聞いても答えられないと思います。
「秋になれば紅葉するのはあたり前だろう」と言えばそれまでですが、疑問に思ったので先日の子供向けの新聞に簡単に説明が載っていたのでご紹介します。
「気温が下がったら紅葉する」という答えはテストだと多分点数は取れません。
読んだときは自分も成程なぁ~と思いました。
紅葉するには訳があるのですよ!

紅葉

また余計な写真からスタートです。京都の比叡山延暦寺です。ここは〇☓でなどど仏教史の話ではなく今日は紅葉でしたね!
秋と言えば紅葉、気温が下がると赤や黄色に染まります。
秋の前はどんな色だったのでしょうか?と言うと「緑」ですという答えが返って来ると思います。
ではなぜ緑なのか?と言われれば葉の中に含まれる「葉緑素」があるので緑に見えます。
その「葉緑素」が秋になり気温が下がり生成されなくなってきます。
ある意味「気温が下がったら紅葉する」というのも正解なのです。


もみじ

「葉緑素」が生成されなくなると葉には黄色のもとである「カロテノイド」が残るので葉は黄色く見えるようになります。
木は木の都合で葉を落とす為の準備を始めます。
本音はバッサリ切りたいのですね!ちょっと残酷です。その時、葉の根元と枝の間に層を作り、葉と枝の栄養や水の通り道を塞ぎます。つまり餓死させるわけですね!自然界は厳しい世界です。
葉は通常の栄養が行きわたらなくなり、「アントシアニン」という赤い色素が目立ってくるそうです。
つまり赤くなるのは葉が苦しんで死んでいく姿なのです。
木に感情があるなら「断腸の思い」「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」という言葉になるかもしれません。
そう思うとなんか悲しくなりますね!

門柱

赤く染まって行く紅葉もそのような理由があると思うとちょっと人生の儚さを感じませんか?
それはオーバーとしても、このように紅葉する仕組みがあるという事をご存じでしたか?
これ子供向けの新聞記事の内容なんですよ!
きっと大人より子供の方が紅葉の仕組みを理解していると思いますよ!
今度、ハマニグリーンパークにご来店した時には社員に「紅葉はなぜするのですか?」という
質問をしてみて下さい。
きっとこのようにしっかりとした答えをしてくれると思いますよ!多分ですが(笑)
くいだおれ人形

そして11月5日(土)6日(日)の両日は当社ハマニグリーンパークの秋のイベントです。
告知等は毎日のように当社ブログなどでもご紹介しますので、是非、当日はハマニグリーン
パークまでいらして下さい。
よろしくお願いします。
では、また。