たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

アプローチ石畳みや目隠し、天然石など


こんにちは、小瀧です。今日は外構工事でよく使われる目隠しやアプローチなどを華やかにする敷物などを
ご紹介します。

タカショー

ちょっと凝ったメーカーのタカショーの目隠し、千本格子です。
色も数多く選べ、色に対する保証も他メーカーより長期になります。
それだけ褪色に強い自信があるのですね!

千本格子

この商品は緩いカーブを描いています。
このように後ろから見ると曲線がよくわかります。

カッシア

この石畳みはユニソン・カッシアです。古代ローマ「カッシア街道」のような天然石の感じとぬくもり感があります。
こうやって見ると落ち着く感じもします。

ユニソン

疑似目地が入っているので、並べるだけで敷き詰められた石畳みが再現されます。
ちょっとおしゃれです。

パイルストーン

ブロック塀に貼るだけで大理石の味わいのユニソン・パイルストーンです。
これはラスティスレートの粘板岩です。
物凄い重厚でしょう?

ラスティブラウン

これは色違いのミックスブラウン(石英岩)です。
少しあっさりした色合いになります。
もちろん天然石です。

石舞台古墳

石繋がりではないのですが、有名な蘇我氏の古墳、石舞台古墳です。
歴史の教科書ではあまりにも有名ですが、どうして雨風に流され土がなくなってしまったのでしょうか?

石室

飛鳥地方の一大観光スポットになるとは蘇我氏も思わなかった事だと思います。
明日香地帯が古代日本の中心だったなんて想像がつきません。
未だに明日香村ですからね!

甘樫の丘

その蘇我氏の邸宅があったとされる甘樫丘(あまかしおか)、丘なのですが登るには一汗かきます。
丘の上から見た橿原(かしはら)方面です。
このような風景を古代の蘇我氏も見ていたのでしょうね!
なんか不思議な感覚です。
明日香村は日本古代史が好きな人にとってはとても魅力のあるエリアですね!
では、また。