たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

目隠しのフェンス設置例2パターンを紹介

こんにちは!
浜松市浜北区のエクステリア専門店
ハマニグリーンパークです。

今回は最近設置した目隠しフェンスの施工例を紹介します。

形材フェンスで目隠し

2ec0b17c60563be86821f5bd2ddd1c11

1つ目は三協アルミのレジリアYL1型という形材フェンスです。

形材フェンスとは、決まった形で簡単に、規則正しくきれいな見た目で設置できるアルミ製フェンスです。
色んな形があるので様々な住宅様式にフィットするベーシックなフェンスです。

今回設置したフェンスはタイトルにもありますが目隠しタイプです。

よう壁を造成してその上にブロックを積み、そのブロックの穴に柱を固定して、フェンス本体を取り付けています。


9f632a3293faaf7fe7160544cebf7f23

この形はルーバータイプといって、ナナメに板状の格子が組まれているため、
完全な目隠しになるうえに風、光を通すという機能的な特徴があります!


再生木材フェンスで目隠し

d1e8f702e3dbe640dcad5eb7873cf019

2つめのフェンスはエコモックフェンスという再生木材のフェンスです。

このフェンスは樹脂に木粉を混ぜて作る再生木材という板を、アルミの柱に取り付けていくタイプのフェンスです。

板と板の間のすき間の幅を使用目的や好みに合わせて設置していける自由度が魅力です。

今回は目隠しが目的ですので、幅14.5cmの板に対して2cmのすき間をつくって設置しています。
この寸法で設置すれば写真のように適度に視線をシャットダウンできるためおすすめです!


1f1a4b4cd30ef6d800a18e024ae58946


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがだったでしょうか!
目隠しフェンスにも種類があり、見た目も様々だということがわかったかと思います。

今回は違う種類のフェンス2パターンを紹介しました。
フェンスを選ぶ際、参考になればうれしいです!

お庭のことでご相談がありましたらハマニグリーンパークまでお気軽にお問い合わせください!
ではまた!