たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

浜松市浜北区エクステリア専門店、ハマニグリーンパークの展示場リニューアル 塗り壁下塗り編


浜松市浜北区エクステリア専門店、ハマニグリーンパークの木本です。

引き続きリニューアル中の展示場の様子をお知らせします。

今回は塗り壁下塗り編です。

ジョリパット仕上げの塗り壁です

④完成

こちらはジョリパットで仕上げた塗り壁の完成です。

完成までにはブロック塀を作成~下塗り~仕上げの工程があります。

どのように仕上げていくかをアップしていきます。
①ブロック塀

ブロック塀を積み上げいきます。

基礎を作り、鉄筋を入れ1段ずつ積み上げます。

通常のブロック塀を作る工程と同じですね。
②目地を隠す

塗る前にやらなければいけない工程がたくさんあります。

目地の部分にモルタルを塗り込みます。
※これはジョリパットを塗った際、目地が浮き上がるのを防ぐためです。

角の部分に専用のコーナー材を貼り付けます。
※これは角をきれいに仕上げるためです。
③下塗り

ここからやっと下塗りに入ります。

ジョリパットを直接塗ってしまうときれいな仕上がりにはなりません。

この下塗りがとても大切。

左官屋さんの仕事道具、コテで丁寧にモルタルを塗っていきます。

ボコボコに仕上げると、塗り壁もボコボコになってしまいます。

下塗りなので隠れてしまうのですが、美しく仕上げる必要があります。

左官技術の腕の見せ所です!
⑤仕上げ 面引きゴテで

角も大切!

ここでは通常のコテではなく『面取りコテ』を使います。

このコテで押さえる事によって、角の部分も美しく仕上がります。
⑥下塗り完成

下塗りが完成しました。

色が灰色でなければこのままでも美しく塀に見えます!


下塗りが完成した塀をしっかり乾かす事がとても重要になります。

お天気が続くと良いのですが、途中で雨が降ってしまうとまた乾かすのに時間が必要です。

けれど乾かさずにジョリパットで仕上げてしまうと、浮いてしまったりする事が。

ここはしっかり時間をかけて乾かすことがとても大切です!


この後、ジョリパット仕上げの工程に入っていきます。
※塗り壁仕上げ編をお楽しみに

今回の目玉となるU.スタイルアゼストも設置していきます。
こちらも展示場リニューアルにて紹介していきます。

ハマニグリーンパークの展示場詳細はコチラ → 展示場
※リニューアル前となっております



ハマニグリーンパークでは施工実績を随時更新中です。
ぜひこちらもご覧ください → 施工アルバム