たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

シンボルツリー、アオダモ植込み作業

ハマニグリーンパーク(有)の川島す。

本日は、シンボルツリーで人気の『アオダモ』の植込み作業をご紹介させていただきます。


『私の庭』でアオダモを植込みした時期は冬場の2014年の12月の頃だったと思います
植栽施工前




門柱部分の塗り壁とタイルがほぼ完了し、年内に大きな植栽のみ植えようということで職人さんと中高木の植栽を植えることになりました。

アオダモ 到着



アオダモが自宅に到着致しました

株立の3.5mです。

アオダモ植込み部分を掘る





まず、アオダモ植栽予定部分を大きく穴を掘ります。

アオダモの株立の3.5mになりますと、アオダモ部分の根巻き部分(鉢)の大きさがかなり大きいので、しっかりと大きく穴を掘ります。





ユニック車でアオダモ吊る



アオダモの株立3.5mは重量があり、人力で移動できないため、植え込み場所までユニック車のクレーンで植栽を配置します。
アオダモ向き確認




アオダモが定位置についたら植栽自体を回し、向きを調整します。

※植栽の育った場所(日当たり条件)により、枝や葉の向きが異なるため、自然に見える一番いい場所に調整します。



アオダモ植込み中



場所が決まったら、水をたっぷりと上げ、アオダモの鉢全体(寝巻の下の部分)までしっかりと水がいきわたるよう、幹の太い部分を持ち鉢を回すように水を与えます。
中高木の植込み完了



アオダモ植込み完了しました。


※今回、アオダモの鉢が大きく、庭部分への植栽だったため支柱は致しませんでした。
冬の施工で葉がなく、さびしい感じですが・・・・・・

落葉樹は冬場は葉がちり、室内に多くの日光を多く取り入れ、夏場は葉が茂り、日光を遮る効果が期待できます。



そんな、シンボルツリーのアオダモのご紹介は、、またの機会に・・・・・


それではまた

『外構工事・お庭工事の完成施工例はココをクリック!!』