たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

門柱部工事 ジョリパット仕上げ

ハマニグリーンパーク(有)の川島です。



さて本日は、工事最中の時の『私の庭』から門柱部の工事をご紹介させていただきます。


門柱の工事をしていたのが、2014年の11月だったと思います。外構工事は新築に引っ越してから始めましたが、近くに駐車場をお借りすることが出来ましたので無理なく施工することが出来ました。




門柱ブロック下地



こちらが工事中の建物側からみた門柱のブロック下地積み作業中です。

まずブロックで下地を造ります。その時重要なのが鉄筋の配筋とブロック部分のベースです。門柱の高さ等に応じて設計断面を検討することが重要です。





門柱部分モルタル下地


道路側(正面)から見た門柱です。下地でブロックを積んだのですが、ブロックの表面にモルタルをコテで仕上げ、表面をフラットにします。

タイルを張る予定の部分とジョリパット(塗り壁の仕上げ材)とは仕上げで大体揃うように計算して、タイルの厚さ分表面に段差をつけておきます。

門柱部ジョリパット仕上げ
下地のモルタルが乾くまで、何日か養生を取ります。

マスキングテープで養生をし、ジョリパットをコテで1回フラットに塗ります。2回目に骨材を適量まぜ表面を仕上げていきます。

また、ジョリパットの仕上げは、コテ跡を残した仕上げや櫛引き仕上げ、専用のローラーなどで仕上げの模様に変化をつけることができます。

色も豊富な種類がございますので好みの色をチョイスしたり建物の外観に近い色を選択することもできます。


塗り壁仕上げ門柱
出来上がった門柱を見て、娘が

『この壁、私よりでかいね~』ってはしゃいでました。(笑)

グレーのモルタル下地の部分は、のちにタイルを張る部分です。
工事中の写真もいくつか撮ってありましたので、またご紹介させていただこうと思います。


それではまた



『外構工事・お庭工事の完成施工例はココをクリック!!』