たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

「気ままBlog」金松純也

皆さま、こんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

前回の続き
数奇屋門のあるお庭~リノベーション①~
完成現場写真のご紹介です。



IMG_0482
完成写真





IMG_04841
駐車場奥からアプローチを撮影

アプローチ通路を挟むように植栽を配置して、緑を眺めながら歩けるようにしています。
また、砂利の下には全て「防草シート」を敷いていますので、雑草対策もバッチリです!



IMG_04851
玄関ポーチから撮影

動線を意識したアプローチのデザインになっています。




IMG_04861
数奇屋門入口からの撮影

門をくぐって直ぐの「イロハモミジ」がとてもいい感じです。

イロハモミジについては下記のブログをどうぞ!
日本の秋を代表するオススメ植栽 ーイロハモミジー



いかがでしたでしょうか?
新築、リノベーションの外構工事の事なら弊社「ハマニグリーンパーク」へお気軽にお問い合わせ下さい。
それではまた!




早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

本年中の多くの方々のご愛顧に心よりお礼申し上げますと共に、来年も更なる発展、飛躍に向けて、変わらずのご愛顧をお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。

本年もお世話になりました!

PAGETOP
皆さん、こんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は数奇屋門のあるお宅のリノベーション(リフォーム)、駐車場のコンクリート打設・玄関アプローチの造成をさせていただきましたので、そちらのご紹介を致します!



before
ff2abdc01e5942a8c758459f71991c13
着工前です。

これまで駐車場とアプローチのスペースは砂利敷きのみとなっていた為、雑草が生えてお困りになられていました。
vertical
after
IMG_0482
施工後がコチラ

既存カーポートの下はコンクリートを打ち、上の写真では分かりずらいのですが数奇屋門から玄関までを化粧砂利の洗い出しと平板敷きによる舗装を施しました。
また、お庭の雰囲気に合わせて植栽を植えております。




工事開始!

IMG_0392
今回の工事内容を少しご紹介します。

工事をするのに、まず始めに行う事。そうです、土の鋤取りです。
今回は使用するユンボがカーポートに当たらない様に、ユンボの屋根を取り外して鋤取りをしました。
鋤取りが終わったら、仕上がりの高さに合わせて路盤材(砕石等)を敷き均します。




IMG_0429
工事は基本的に奥から施工していきます。
今回の場合は、まずアプローチを造成しなくてはなりません。

数奇屋門、駐車場から玄関へと動線を意識してアプローチを造ります。




玄関アプローチに使用した材料

01ba9f4e6964d653da0ef17f84e6e04e
東洋工業 ≪フラグペイブ≫

和風の雰囲気に合うコンクリート平板としてこちらの商品を使用。
カラーは「ブラック」を選んでいます。

上の写真でもお分かりになるかと思いますが、濡れた状態だと黒さがより際立ち、とても良い雰囲気ですね。




faeb150893b24bfa3b27c5e30dabc0a6
東洋工業 ≪ピンコロ≫

ご存知、ピンコロです。値段もお手頃でアクセントとして使用する機会も多く、積んだり、敷き並べたり、とても便利な商品です。
今回は化粧砂利仕上げのフチとして使用しました。




62c197523b5ae9b356e3ffcb1c943ea0
化粧砂利 ≪新黄華(2分)≫

アプローチの舗装面の仕上げとしてこちらの商品を洗い出し仕上げにて使用しました。
あまり使用する機会は多くないのですが、和風の彩りをするのにピッタリだと思い使用しました。




次回のブログでは、こちらの現場の完成写真をご紹介いたします。

それではまた!




PAGETOP
みなさまこんにちは、
ハマニグリーンパークの金松です。

前回の続きです。
~プライベートスペースとしての洋風なお庭づくりが完成いたしましたので、ご紹介!


前回のブログはこちらをクリック



before
IMG_01981
施工前
vertical
after
IMG_04881
施工後




~ 完成写真 ~

IMG_04923
板塀フェンス

こちらの板塀フェンスはディーズガーデンさんの「アルファウッド」を使用しています。
天然木の雰囲気がありますが、「樹脂材」です。
カラーは「ライトオーカー」。優しい色合いですね。
天然木、アルミ格子材と比べて価格を押さえれるといったメリットがあります。

フェンス柱根本の土の部分は花壇スペースです。
今後、お客様がご自身でお花を植えられるそうで、とても楽しみですね。




0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e6
乱形石貼り

使用した商品は、東洋工業さんの「オークルストーン」
カラーは「パールイエロー」です。
自然石特有の色ムラにより、明るくてさわやかな色調がちょうど良いですね。



IMG_04901
長方形石貼り

こちらも東洋工業さんの商品で「ポルフストーン」というものです。
カラーは「ブラウンMIX」。
表面が割り肌形状になっていますので、凸凹した印象の仕上がりになります。
乱形石貼りの「オークルストーン」とは違う質感を出したくて、この商品を選びました。



IMG_04911
別アングルからもう一枚

ちなみに「人工芝」は高密度、高耐久、枯れ芝まじりのパイル長30mmの本格リアル人工芝です。
V字加工パイルなので丈夫で長持ち
冬場でも緑の景観を維持でき、お手入れ簡単です




いかがでしたか?
今回のお庭はけっして広い面積ではないのですが、限られたスペース・ご予算の中で出来るだけ多くの素材を用いて、デザインをさせていただきました。
今回お庭の工事をさせていただいた事で、今後のお施主様の生活が少しでも明るく豊かなものになっていただけると幸いです。

それではまた!




PAGETOP
皆さまこんにちは、
ハマニグリーンパークの金松です。

今回はプライベートスペースとしての洋風なお庭づくりが完成いたしましたので、施工手順と共にご紹介です。




before
IMG_01981
施工前です。

こちらのスペースは、これまでお庭の工事をしておりませんでした。当然雑草も一面生えてしまいます。
vertical
after
IMG_04881
完成後がコチラです。

板塀フェンスで隣地と見切り、その雰囲気に合うように「人工芝」「レンガ敷き」「乱形・長方形の石貼り」の舗装を施しました。人工木デッキも雰囲気に良く合っていますね




~ 施工手順 ~

IMG_03842
外構工事の第一歩、まずは土の鋤取りです。
上の写真では、その後に水が溜まらないようにあらかじめ集水桝を設け、板塀フェンスの柱のみを先行して取付けをしています。




0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e5
次に人工木デッキの下にコンクリート打ちをした後、レンガのふちを据えつけていきます。
曲線のふちの場合、ミニレンガ(通常の半分のサイズのレンガ)を使うと比較的キレイに曲線を描くことが出来ますので、私はミニレンガを使う事が多いです。





IMG_04242
ふちを据え付けたら、通常サイズのレンガを敷き並べていきます。
但し、曲線部分は1つ1つレンガを削って隙間をなくしていきます。



IMG_04251
乱形の石張りの場合は1枚1枚、形を整えながらパズルのように張り合わせていきます。
とても大変で時間の掛かる作業なのですが、この作業にどれほどの時間を掛けるかで仕上がりにかなりの差が出ます。

今回は時間を掛けて丁寧にやってもらっています




次回のブログでは、完成後の写真をご紹介させていただきますね。
それではまた!




PAGETOP
皆さんこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は普段何気なく見ているブロック塀。
敷地や道路の境界見切りや土留めや目隠し、フェンスを取付けする場合など、様々なシーンで良く使うブロックなのですが、そんなブロックの中でも「オンリーワン」さんより、ちょっと珍しい物をご紹介いたします。




e07221dc77cadcbcd5d9e3edbe6af43b
Cross Square ークロススクエアー

斜めラインの色鮮やかなガラスタイル、モザイクタイル、ウッドタイルの装飾により、華やかでオシャレな壁面を演出。



6e606fb0c62da64c3d256426abbb7972
Porous Block 200 ーポーラスブロック200ー

デザイン性の高いユニークな開口部が印象的なポーラスブロック200タイプ。
空気や光を程よく通しプライバシーも心地良く確保してくれます。



331ef6234b621e3e68b19d9809a3b1c2
Porous Block 100 ーポーラスブロック100ー

ポーラスブロックの100タイプ。
壁面をリズミカルに装うことが出来る、ユニークなデザインが印象的な焼き物のスクリーンブロックです。




0fa237a9f22a1e737fd3a8b648715b3f
Breeze Brick ーブリーズブリックー



9093f7151771f25dbbe5dc04e0a415e1
Iron Brick ーアイアンブリックー

空洞レンガにアイアンを組み合わせたアイテム。アイアンはマートル(ギンバイカ)という植物の仲間がモチーフ。マートルは愛と美を象徴する事から、南欧では花嫁のブーケとして使われ、別名「祝いの木」と呼ばれています。そんな縁起の良いモチーフで、壁を彩ってみるのはいかかでしょうか?



ada79e81f244ab7f1064651965ac37bd
Stained Brick ーステンドブリックー



2b75396224f6596381f411b5f0499a6f
SHINE GLASS BLOCK ーシャインガラスブロックー



866f1fd2b3dd6ab4fddaa6a3a8e2e640
GLASS BLOCK ーガラスブロックー

ガラスブロックには普通のガラスにはない、光のゆらぎ感があります。まるで生命があるような不思議な魅力は、単体でも素敵なインテリアになりそうです。カラータイプは、強い光は薄く、弱い光は色合いへと変化します。



741a623c5d16453ee5eb45e408542c06
GLASS BLOCK ーガラスブロックー




5c39c28b5dee2e8091b320ba97c70e38
DESIGN GLASS BLOCK ーデザインガラスブロックー

日差しが通過することにより、やわらぎを演出することができます。ガラス本来の彩りに加え、自然をモチーフにしたデザインが、エクステリアに光のアクセントを添えます。



いかがでしたか?
遮蔽性能、採光や通風の快適性能を持ちつつ、デザイン性の高いブロック塀を演出できますね。
壁面のアクセントとして、または積み上げたり組み合わせたりすれば、見ているだけで楽しい気分にさせてくれるのではないでしょうか?


施工方法や価格など、詳しいことは弊社ハマニグリーンパークまでお問い合わせ下さいね。

お問い合わせはコチラ↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
みなさんこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は三協アルミさんより、2017年10月から発売しています新商品のカーポートをご紹介いたします。

その名も「スカイリード」です。



5bc3b6e7456da4a0a662d3cfbc2900b1
見た目はこれまでの一般的なカーポートとさほど変わりはありませんが、その特徴をご説明いたします。




ef3f9ec490bfb0e41ecba99604c4ee29
ポイント~その①

これまでのポリカーボネート屋根には垂木と中桟といった骨組がありましたが、スカイリードには中桟がありません。
その為、これまで以上に視界が広がり爽快感が増しています。



11025acc10194cfefd2ada1e7b2b3f19
ポイント~その②

もちろん高い強度はそのままで、風や雪から車を守ってくれます。




0c6cd99435efa7d057f3fc86115f0903
ポイント~その③

屋根の勾配は、前から後ろに上がる「奥行勾配」となります。




5e36ded2092dd03c722abe73e49ddfed
ポイント~その④

上のカタログのように、お客様のご要望や設置場所の状況に対して、高い対応力があり、様々なニーズに応えられる仕様になっているのもですね。




04ae5287d7fb869f4ad50eb5b3bafee5
ポイント~その⑤

オプションである側面パネルも、上段パネルに台形パネルが用意されていますので、上に隙間がないのも嬉しいですね!




ポイント~その⑥

「スカイリード」は、カタログに記載されている価格も大変リーズナブルになっています。もちろん仕様により実際の価格はまちまちとなりますのですが、他のカーポートに比べたらとても魅力的な価格設定ですよ。



アッと驚くようなデザインではないですが、一つ一つの機能にスキがといった無い印象で、これからのスタンダードになると感じさせるカーポートですね。
ご興味のある方は「弊社ハマニグリーンパーク」までどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


今回紹介したカーポートのHPはコチラ↓↓↓
http://alumi.st-grp.co.jp/products/garage/carport/skylead/lead3.html

お問い合わせはコチラ↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/works


PAGETOP
みなさまこんにちは。
ハマニグリーンパークの金松です。

今回はディーズガーデンさんの板塀フェンス「アルファウッド」の施工事例を紹介させていただきます。



before
IMG_04791
施工前がコチラ。

vertical
after
IMG_03952
細葉の生け垣を撤去して、同程度の高さにて板塀フェンスを施工しました。




before
IMG_0483
施工前②です。
vertical
after
IMG_0394
敷地の形状に合わせて、およそL字に全長約50mを全て同じ仕様でコンクリートブロック4段積+高さ80cm(5段張り)板塀フェンスとなっております。




before
IMG_0481
施工前③です。
vertical
after
IMG_0393
今回の板塀フェンスは長さ約2m40cmの板材を1枚1枚張りつけていくのですが、通常のアルミフェンスと違い加工が容易なのも特徴の1つです。ですので写真のような土地の形状でも無理なく施工が可能となります。




耐候性樹脂フェンス アルファウッド

8f0782d92a6d7a15d6f8b4f32936329e
今回使用した板材ですが、天然木材ではなく、実は樹脂製の板材です。

板材の表層部は超耐候性ASA樹脂でコーティングされていて、内部はポリスチレン樹脂となっています。

カラーラインナップも全9色展開ですのでお好みで選べます



3cd257dd865a7b85a072b6e4ca9aa866
板材一枚の板幅は「6cm・12cm・18cm」からお選びいただけますので、板幅とカラーの組み合わせ次第でオリジナルデザインのフェンスを作る事が可能になります




いかがでしたでしょうか?
ハマニグリーンパークではブロックフェンスはもちろん、外構工事の事なら何でもご相談に応じます!
お気軽にお問い合わせ下さいね!


お問い合わせはコチラ↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
皆さまこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

前回、前々回のつづきです。
新築外構工事の施工現場をご紹介。

前回のブログ・・・新築外構工事~施工事例~

前々回のブログ・・・新築外構工事~施工事例その2~




IMG_0158
今回はコチラの外構工事現場のタイルデッキをご紹介します。

門塀の左にある掃き出し窓へと続くタイルデッキですが、サイズは「間口2間×出幅2間以上」で結構な大きさのタイルデッキとなります。






IMG_0162
全体写真です。

写真で見てもとても大きなタイルデッキですね。

また掃き出し窓まで高さを立ち上げている為、階段は3段造成しています。



IMG_0172
こちらは造成途中で、下地のコンクリート打ちが終わった状態の写真です。

玄関側の階段の踏み面ですが、コンクリート平板を使用して段鼻部を前に飛び出す施工をしています。



IMG_01602
階段部にタイルが貼り終わった状態です。

段鼻を出す効果により、通常の階段とは違って浮遊感が生まれ、とてもキレイな仕上がりになりました。



IMG_01631
壁の内側にも高さ40cm程の腰かけ(ベンチ)を造成してます。
(両端の四角い物は60cm四方のガーデンポットです。)

腰掛けはもちろんタイル貼りですので、お庭の雰囲気にとても合いますね。



IMG_0164
建物との接合部分はグレーチングを据えました。

グレーチングを据える事で、建物の床下換気機能を保ちながら室内と変わらない高さで外に出る事が可能になるとともに、建物の基礎や壁に一切触れることなく造成ができます。




1d7e71d1c009934df8c2d2cbee786732
今回使用したグレーチングは、オンリーワンさんの「スラブコネクター」のスリムの方です。
60cmのものと30cmのものとありますが、好みの長さにオーダーも可能!

また、グレーチング本体は取り外しができますのでお手入れも楽にできる優れものです。



aaf3029adfcba3ca4c2a81c4f03593ab
施工の仕方は上記の通りです。



いかがでしたでしょうか?
普段これほどの大きさのタイルデッキを造成する事はありませんが、やはり大きいほど見栄えが増して建物の外観がさらに良く見えます。タイルデッキはテラス屋根やガーデンルームの床面とも相性ピッタリですので、気になる方はお気軽に弊社「ハマニグリーンパーク」までお気軽にお問い合わせ下さいね。それではまた!


お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/contactus

ハマニグリーンパークの施工事例はコチラのクリック↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/works



PAGETOP
皆さまこんにちは。
ハマニグリーンパークの金松です。

前回のブログの続きとして、新築外構工事の施工事例のご紹介。
今回は工事の内容について少しご説明します。

前回のブログはコチラをクリック



IMG_0323
施工前です

まずは掃き出し窓の前にタイルデッキと、道路境界の塀の下地を造成しなくてはなりませんが、今回は塀から作ることになりました。



IMG_0014
掘削作業

最初にベースとなるコンクリートを打つ為の掘削作業です。今回は高さ2mの塀ですので、その分丈夫なベースが必要です。
塀の埋め込み分とベースコンクリート・路盤材の厚み分深く掘削します。




IMG_00211
ベースコンクリート打設

今回は「CPブロック」にて塀を作りますので、そのベースをコンクリートで打ちます。

※CPブロックとは、通常のコンクリートブロックよりも開口が広く、モルタルではなく生コンクリートを流し込む事で強度が増し、土留めとして使用したり高く積み上げたりする際に使用します。




IMG_00421
ブロック積み

ベースコンクリート打ちが終わったらブロック積です。今回は全部で11段積む予定です。
積み終わった後はポンプ車とバイブレーターを使用してブロック内へ全て生コンクリートを流し込みます。




IMG_01031
モルタル塗り

ブロックを全て積み終わったら、仕上げ塗装の下地となるモルタルをキレイに塗ってもらいます。




IMG_0158
完成

壁面の仕上げはジョリパットをローラーで仕上げてもらいました。




e4699950385f5d50933e25908b0dbb06
今回使用したブロックはコチラです。

ユニソンさんの「ユニRM型枠ブロック」です。CP型枠ブロックと全く同じものです。


次回は塀の内側に造成した300角タイルデッキをご紹介させていただきます。
それではまた!


弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
皆さまこんにちは。
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は新築外構工事の施工事例をご紹介いたします。




before
IMG_0323
施工前がコチラ

当たり前ですが、新築の建物ですのでな~んにもありません。
vertical
after
IMG_0158
完成後がコチラ

掃き出し窓前のお庭部分は高さ2mの塀に囲い、外からの視線を完全に遮断。
塀の構造に関しては後日ブログにてアップさせていただきますね。

塀の横のガーデンポットも雰囲気によく合っています。(ポット内は今後お施主様がご自身で色々植えられるそうです。)



before
IMG_0322
別アングルの施工前写真です

雨水・汚水のマスが所々ありますので、車も停めにくい状態です。



vertical
after
IMG_0157
完成後です

境界の見切りとしてブロック・フェンスを、それと奥に物置と車1台用のカーポートを取り付けました。
雨の日でもそれ程濡れずに物置まで行くことが出来ます。カーポートというよりはサービスヤードのルーフといった役割も果たしてくれていますね。ちなみに屋根の材質は「熱線吸収ポリカーボネート」を使用していますので、夏の暑い日差しも多少やわらぐはずです。




IMG_0155
正面からの写真

右半分は車を駐車するためのスペースとして全てコンクリート打ちにしていますので、とても解放感のある印象に仕上げっています。

またこの写真では見えませんが、左側の壁の内側は300角のタイルデッキを広めに造成しています。詳細は後日ブログにてアップさせていただきますね。




IMG_0154
最後に門塀

化粧ブロックにポスト・表札・インターホンといったオーソドックスな形ですが、天端と側面にアルミ笠置を取付けしてアクセントとしています。



いかがでしたか?

お施主様より配色のご指定をいただいたりしながら、とても感じのいい仕上がりになりました。
次回のブログでは、今回の工事の内容について少しご説明していこうかと思いますのでどうぞお楽しみに。


弊社の施工事例はこちらをクリック↓↓↓
https://hamanigreen.co.jp/works



PAGETOP