たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

ウォーターガーデンを美しく保つ

ハマニグリーンパークの横山です

この記事では前回紹介したウォーターガーデンの美しさを保つ方法を紹介いたします。
bio11
せっかくキレイなビオトープや池を造っても、何の措置もせず放っておいては環境が悪くなり、
美しかった景観も台無しになってしまいます。

そうなることを未然に防ぐため、水が循環する環境を最初につくることが大前提です。


【水はなぜ汚くなるのか】

水は放っておくとなぜ汚くなるのでしょうか。

汚くなる過程を簡単に記したのが下の表になります。
3b7bcae1e1de615f9965422ee18c80441
汚くなる原因の根源は魚のフンや死骸等だという事が分かります。

エサの与えすぎに関しては調整して防ぐことは簡単です。

フンや死骸については生き物なので防ぎようがありません。

ですのでこういった水質悪化の原因を無害化するために浄化フィルターを使用する手段があります。


【水をきれいにする仕組み】
f717a20302a1834799922f85b120c3691
上の写真のようなプロセスで水をきれいにします。

バクテリアが非常に重要な仕事をしてくれます

バクテリアは何もしなくても岩や砂利に定着しますが

水が循環されなければ意味がありません。

そのバクテリアによる生物濾過と浮遊物、沈殿物をせき止める物理濾過

殺菌作用を促す殺菌灯を兼ね備えたウォーターガーデン専用のフィルター

「バイオシステム」という商品がタカショーからでています
8c347eb33ba388a3e3c50f1a5df457751
ポンプと併用する事で水の循環が生まれ、機能します。

ポンプから入った水は殺菌灯を通り、

目の粗いフィルター、細密なフィルターを通過して

キレイになって水が戻ってきます
4a3a68a6b958ce5bf8a91213ece8e5df1


これはあくまでもキレイを保つ一つの手段ですので、

他にも方法はたくさんあります

参考までに覚えておくとどこかで役立つかもしれません。

縁日なんかですくってきた金魚や川でとってきた魚等、

基本的には同じようなシステムで水を作ってあげれば水質の良い

透明感のある水が保たれて魚は何年も生きます

ウォーターガーデンでも生き物を長生きさせたいものですね