たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

ウォーターガーデンをつくる

ハマニグリーンパークの横山です
今回は前回お話ししたビオトープや池をつくる方法をいくつか紹介します。


【成型池を使う】

1ebcd1316a7aa63c92b67fe442b7be80
写真はタカショーの成型池です。

成型池とは、特にガーデン用に設計された池です。

魚を熱や凍結から守るのに適度な深さがあり、

棚に睡蓮などの水生植物を植えるのにも適しています。

また池の形がすでに決まっているため、最終的に

どのような形になるかイメージしやすく、

配置する植物や石も考えやすいメリットがあります。
86c4d2cb498d0a0658fa90036d207046



【組み合わせて滝や川を造る】

5743a841a7ddbddf7928527232aa417e
こういった滝や川のような流れをつくるための成型パネルもあります。

あらかじめ段差がついている設計のため、並べるだけで自然に傾斜を再現できます。
78fd7bf5267a6042037b618f33dd1fb8


【防水シートを使う】

20b1a1fe81f49d3f79dbe8922a5e78d4

この写真もタカショーの商品です。

エチレンプロピレンゴム製で非常に強度の高いライナーや

水の流れを考えて開発されたポリ塩化ビニール製のライナーがあります。


好きなデザインで池の形や流れを決められるため、

唯一無二のウォーターガーデンを造れます。


02aab8fbddf0be08076eb404424f00a7




今回はタカショーのウォーターガーデン商品を使った池、流れ造りを紹介しました。

キレイに造ったウォーターガーデンは実に癒されますねぇ!

水も生き物ですので、そのキレイさを保つにはメンテナンスが必要です。

ゆえに、次回はキレイなウォーターガーデンを維持する術を紹介します

お楽しみに