たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

6月に花を楽しめる庭木紹介 『アジサイ』

こんにちは。
設計の尾上です。
今日は、6月~7月に向けて花が見頃を迎え、古くから日本人に親しまれ、また庭木としても人気の植栽、アジサイについてご紹介しよと思います。

カシワバアジサイ

IMG_0902
(写真は、ハマニグリーンパークの展示場に植わっている、『カシワバアジサイ』という名前のアジサイです。ちょっと見た目が、良く目にするアジサイとは異なりますがアジサイの一種です。
カシワバアジサイの名前の由来は、葉っぱの形が、カシワに似ていることから名付けられたそうです。
以下、紹介するアジサイは、写真のカシワバアジサイではなく、アジサイのご紹介です。)




アジサイ
科名:ユキノシタ科
性質:落葉広葉樹
開花期:6~7月頃
花色:赤、桃、青紫、赤紫、青、白
樹形:高さ/1~2m 幅/1.5~3m



木の特徴・性質
日本に自生し、古くから栽培されてきた品種群と、日本から欧米に渡って品種改良され、より色鮮やかになって帰ってきたハイドランジアと呼ばれるセイヨウアジサイの品種群があります。いずれも園芸品種が豊富で、多彩な花形、花色の花が梅雨時の庭を明るく彩ります。鉢植えしやすいものもふえ、庭植えばかりでなく、ベランダでの栽培も楽しめます。
花が枝先に球状に集まってつき、4枚の花びらのように見えるのは萼片で、その中心部に本来の小さな花があります。花色の基本は青紫ですが、酸性土壌では青みが強く、アルカリ性土壌では赤みが強くなる傾向があります。



育て方のポイント
・場所・・・西日が当たらない反日陰地を好みますが、陽光地にも耐えて育ちます。耐寒性はありますが、寒風の当たるところでは花芽が凍害を受けやすくなります。
・整枝、剪定・・・花後から花芽が形成される9月中旬ごろまでに剪定を行います。落葉後、当年枝の芽を3~5節残して切り戻すと、花つきが良くなります。全体的に低くしたいときは落葉期に50~60cmの高さに切り込みます。
・水やり・・・アジサイは乾燥を嫌います。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷり水やりをしましょう。夏は朝と夜の2回、土を観察してください。地植えの場合は水やりは不要です。
・肥料・・・あまり必要としませんが、施肥を行うときは、窒素過多にならないよう気をつけてください。



病害虫について
まれに炭そ病や輪斑病、アザミウマ類が発生することがあります。被害が著しい時には薬剤を散布します。
(※炭そ病とは?……葉・茎・花・果実と発生する箇所は様々ですが、円形の病斑ができます。葉は古くなると穴があき、果実は落ちてしまいます。被害枝は早めに切り取り、予防してください)





ハマニグリーンパーク展示場内で、アジサイ(カシワアジサイ)がみられる場所
展示場案内マップ参照←クリック)
ガーデングッズエリア
・ガーデンエリア

弊社では植栽工事も請け負っております。
お気軽にご相談くだい。
ハマニグリーンパークHP☚クリック
ハマニグリーンパーク施工写真集
☚クリック


設計ブログでは、他にもおすすめの植栽を多数紹介しております。
設計ブログクリック