たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

庭木の水やり

76361fa4eb2dadb8d26abaa17006ef02

庭木のお世話の中で水やりは重要なポイントです。

土を乾燥させたままにすると、必要な水分や栄養が吸収できず庭木が弱ってしまいます。

特に夏場はしっかりと水やりをしてください。
植え付け直後の庭木は、水分を取り込むための根が切られたり傷ついていたりして十分に回復していないので、とてもデリケートで乾燥に弱くなっています。
この時期に水やりを怠ると木が枯れたり弱ったりする原因になります。
水やりがしっかりとできていれば、地植えの庭木が枯れることはほとんどありません。

木の特性や生まれ育った環境によって必要な水分量は変わってきますが、樹木の生長に応じて水の量を徐々に減らします。
土に完全に根付いた樹木(植え付け後2年くらいから)は、夏場の晴天続き以外は水のやり過ぎに注意しましょう。
根腐れの原因になります。
水はけの悪い場所も根腐れを引き起こしやすいので注意しましょう。


水やりは「一度にたっぷり地中深くに浸み込むように」が基本です。
水分が土の表面にしかいきわたっていない状態だと、根が浅くしか張らなくなってしまいます。
根は地中に浸み込んだ水を求めて深く広く伸びていきますので、土にしっかり浸み込むように、お水をたっぷりあげてください。
葉や茎には適当な湿り気を与える程度にしてください。
ただし。
夏の昼間、直射日光が強いときは、葉には水を絶対にかけないようにしてください。
eab619fba24a1ea828eebee4f54a138f
葉に水をかけるだけでは根元まで水が届きません。
根元に直接水をかけてください。
ジョウロ一杯の水だけでは量が足りません。
たっぷりと水やりをしてください。

45066b179c06dcd5a1f69a8a4f299cd8
たーーーっぷり水をあげましょう。
特に、植え付け直後の植木には1日2回しっかりと水やりをしてください。
夏場の水やりは時間帯に気を付けましょう。

朝方・・・午前9時頃までに、できれば早朝に水をあげましょう
夕方・・・午後5時以降に。

夕立ちなどで雨が降った後は土の状態をみて、乾いていれば水やりをしてください。

■夏場の日中の水やりは厳禁です。
日差しが直接あたるところの庭木は特に水をかけないようにしてください。
水滴がレンズの役目となり葉が焼けてしまうためです。
※葉に水をかけることは葉ダニの予防などにとても有効ですが、寒冷期は冷害、夏場は葉焼けの原因になるので控えましょう。


156be54ddd1e006d80f5f24d2a20d8ad
晴天が続いて土が乾燥している時は水やりをしてください。

ただし、植え付け直後の庭木は冬場でも水が必要です。
空気が乾燥しているためです。

水やりの時間帯は日中がベスト。
昼間が無理な場合は朝方にお水をあげましょう。

■夕方の水やりは厳禁です。
夜、気温とともに水温が下がり、凍って枯れる原因になるので注意しましょう。






73ae9c5e153f8a6863c1347ec78585de
地中深くまで届くように、たっぷりと水を与えてください。

夏場は朝晩、毎日しっかりと。日中は避けてください。
春・秋は3~5日に1回くらい。
冬場は2週間に1回くらい。
いずれも土の状態を見て、乾いてきたら水をあげてください。

ただし、芝張り後、根付くまでは毎日たっぷりと与えてください。
また、肥料や目土を施した後も必ず水を与えましょう。


芝生の維持管理費を低減することを目的に開発された「省管理型の品種」なら、今までより芝のメンテナンスが容易になります。
興味のある方はお問い合わせください。