たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

おすすめの人工木デッキ ウッドデッキ


みなさん、こんにちは!

ハマニグリーンパークの中津川です


今日は「おすすめの人工木デッキ」をご紹介させていただきます


ウッドデッキ

まず「ウッドデッキ」といえば「天然木」と思い浮かぶ方も多いかと思います

天然木のウッドデッキは、1990年代にガーデニングブームと共に注目されはじめました。
ガーデニングやアウトドアリビングなどに活用できるスペースとして庭に設置する家庭も増加。

しかし、天然木のウッドデッキはお手入れ不足などで老朽化してしまいます
そのため10年以上経った今、人工木のウッドデッキにリフォームするというケースが増えているんです。


では人工木が何故良いのでしょうか?
何故天然木ではなく人工木のウッドデッキにリフォームするのでしょうか?


天然木とは違い、人工木デッキは

◎こまめなお手入れがいらない

◎アルミ製のため腐食しにくい

シロアリに狙われる心配がない

◎天然木のように割れる・ささくれることがない

キズがサンドペーパーなどで容易に補修できる

◎木粉を配合しているので木質感がリアル

などなど商品にもよりますが良いことばかり


それでは、おすすめの商品をいくつかご紹介させていただきます!

ひとと木

わんちゃんもデッキの上を走る・走らせたい方にはこちらの商品がおすすめです!

三協アルミ 「ひとと木2」

①木目風加工だから滑りにくい
木目風の加工を施した「ひとと木2」の木目床板なら、表面の凹凸を増やして滑りにくくなっています
これなら大切なペットが足腰を痛めることもなく、元気に走り回れます♪

②木目床板は頑丈で安心!
ペットの肉球は敏感で床の熱さや冷たさがストレスになってしまいます。
「ひとと木2」の床材は表層材に遮熱顔料を使うことでデッキ表面の温度上昇をおさえています。
また、木目床板は肉厚で頑丈な為、反りが少なく、ペットを安心して遊ばせることができます。

ケガをするささくれができる心配がありません
「ひとと木2」は樹脂に木粉を混ぜ合わせた材質で、温かみのある柔らかい木質感が魅力です。
やさしい手ざわりで割れや節がなく、ささくれができる心配もないから、安心してペットを遊ばせられます。


さらにオプションアイテムもわんちゃん想いです♪

●メッシュフェンス・メッシュ門扉
自由に走り回れる!デッキが簡易ドッグランに♫

●ペット用スロープ
段差によるペットの足腰の負担を軽減!

●すき間カバー
フェンスなどの下からのくぐり抜けを防いでペットの安全に配慮!

●ラクシェード+ラクシェード取付金具
簡単に日陰をつくれ、室内やデッキの上が快適空間に。


また「ひとと木2」をガーデンルーム「ハピーナ」、ガーデンテラス「スマーレ」、木彫テラス「ナチュレ」などと組み合わせることも可能です♪

詳しい商品情報はこちらから ⇒ 「三協アルミ ひとと木2」

ラステラ

シックでモダン、スタイリッシュなデザインが好きな見た目にこだわりたい方にはこちらの商品がおすすめです!

三協アルミ 「ラステラ」

ウッドデッキでもタイルでもない“屋外フローリング”のような新感覚タイル調フロア
素材は耐久性や耐候性に優れた人工木。
床板は天然木にはない幅広で、ふたつと同じ柄がないマーブル模様。

そして

インテリアに、映える
インテリアともしっくり馴染み、レトロなスチールチェアやウッドチェア、個性的なデザイナーズチェアとのコーディネートにも映えます

に、映える
経年劣化による変色や色あせが少ない優れた耐候性をもつ「ラステラ」。
木粉を配合した床板はやさしい手触りで質感も良く、緑に映える色合い。

空間に、映える
ブラックやグレー色のダーク系フロアがもたらすメリハリも印象的で、シックでモダンな空間にも映えます。

に、映える

床板下にLEDライトを設置することで夜に映える幻想的なナイトシーンを楽しむことができます。

住まいに、映える
天然素材のような質感を持ちながらも雨に強く、色あせも抑える高い耐久性と耐候性。
充実の機能でガーデンフロアづくりのリノベージョンプランの幅を広げ、住まいに新たな付加価値を生み出します。

デザイン性が高いのでシンプルなデザインの住宅に合わせれば一気に高級感漂う空間になります


「ラステラ」はわんちゃんの爪が滑ってしまいます。
わんちゃんがいるご家庭の方には「ひとと木2」をおすすめします


詳しい商品情報はこちらから ⇒ 「三協アルミ ラステラ」

965fcc033125033ed8217d1af488348f-e1504844007749

ウッドデッキを設置したいのにサイズが合わないという方にはこちらの商品がおすすめです!

LIXIL 「樹ら楽ステージ」

①サイズも形状も自由
敷地や用途に合わせていろいろなサイズや形状に設計・加工できます。

②メンテナンスが簡単
土汚れは水洗いで綺麗に。表面のキズはサンドペーパーで簡単に補修できます。

③表面温度が熱くなりにくい

太陽光線を反射し、昇温抑制効果のある特殊タイプの顔料を採用。
LIXIL従来の商品と比較したところ最大約10℃抑制。

④LIXILのクリエカラーを採用した、5色をご用意

5色のカラー展開でカラーコーディネートの幅が広がります。

また、ガーデンルーム「ココマⅡ」「ジーマ」「暖欄物語」やテラス「シュエット」「スピーネ」、オーニング「彩風」などと組み合わせることも可能です。

詳しい商品情報はこちらから ⇒ 「LIXIL 樹ら楽ステージ」


いかがでしたでしょうか?


ここまで人工木デッキの良いところをお話ししてきましたが、もちろん良いことだけな訳ではありません!

2点。注意点がございます

①人工物のため、夏場など日差しが強い日の日中はデッキが高温になってしまいます。
商品によっては熱さを抑えるよう設計されたものもございますが、裸足で歩いたり乳児を一人で遊ばせると、やけどをするおそれがあります。
デッキの上では履物を履いて利用してください。

②雨などで濡れたデッキ、ステップはすべりやすくなっているため、転倒するおそれがありますので十分な注意が必要です。


最後に、天然木からリフォームされる方も新築で新しく設置を考えている方にも長く使い続けてもらうために

まず

①どういった目的で設置を考えているのかを明確に!
ウッドデッキを設置してどんなことに使用したいのか。

②その商品が何に特化しているのかよく知る!
向き不向きや加工可能かどうか、どういったオプションがあるのか。

以上を踏まえて選んでいただくことをおすすめします


ハマニグリーンパークのウッドデッキの施工事例はこちらから ⇒ 施工アルバム/デッキ