たくさんのわがままを叶えます! ハマニグリーンパークで理想の外構・お庭づくり

「気ままBlog」金松純也

皆さんこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は普段何気なく見ているブロック塀。
敷地や道路の境界見切りや土留めや目隠し、フェンスを取付けする場合など、様々なシーンで良く使うブロックなのですが、そんなブロックの中でも「オンリーワン」さんより、ちょっと珍しい物をご紹介いたします。




e07221dc77cadcbcd5d9e3edbe6af43b
Cross Square ークロススクエアー

斜めラインの色鮮やかなガラスタイル、モザイクタイル、ウッドタイルの装飾により、華やかでオシャレな壁面を演出。



6e606fb0c62da64c3d256426abbb7972
Porous Block 200 ーポーラスブロック200ー

デザイン性の高いユニークな開口部が印象的なポーラスブロック200タイプ。
空気や光を程よく通しプライバシーも心地良く確保してくれます。



331ef6234b621e3e68b19d9809a3b1c2
Porous Block 100 ーポーラスブロック100ー

ポーラスブロックの100タイプ。
壁面をリズミカルに装うことが出来る、ユニークなデザインが印象的な焼き物のスクリーンブロックです。




0fa237a9f22a1e737fd3a8b648715b3f
Breeze Brick ーブリーズブリックー



9093f7151771f25dbbe5dc04e0a415e1
Iron Brick ーアイアンブリックー

空洞レンガにアイアンを組み合わせたアイテム。アイアンはマートル(ギンバイカ)という植物の仲間がモチーフ。マートルは愛と美を象徴する事から、南欧では花嫁のブーケとして使われ、別名「祝いの木」と呼ばれています。そんな縁起の良いモチーフで、壁を彩ってみるのはいかかでしょうか?



ada79e81f244ab7f1064651965ac37bd
Stained Brick ーステンドブリックー



2b75396224f6596381f411b5f0499a6f
SHINE GLASS BLOCK ーシャインガラスブロックー



866f1fd2b3dd6ab4fddaa6a3a8e2e640
GLASS BLOCK ーガラスブロックー

ガラスブロックには普通のガラスにはない、光のゆらぎ感があります。まるで生命があるような不思議な魅力は、単体でも素敵なインテリアになりそうです。カラータイプは、強い光は薄く、弱い光は色合いへと変化します。



741a623c5d16453ee5eb45e408542c06
GLASS BLOCK ーガラスブロックー




5c39c28b5dee2e8091b320ba97c70e38
DESIGN GLASS BLOCK ーデザインガラスブロックー

日差しが通過することにより、やわらぎを演出することができます。ガラス本来の彩りに加え、自然をモチーフにしたデザインが、エクステリアに光のアクセントを添えます。



いかがでしたか?
遮蔽性能、採光や通風の快適性能を持ちつつ、デザイン性の高いブロック塀を演出できますね。
壁面のアクセントとして、または積み上げたり組み合わせたりすれば、見ているだけで楽しい気分にさせてくれるのではないでしょうか?


施工方法や価格など、詳しいことは弊社ハマニグリーンパークまでお問い合わせ下さいね。

お問い合わせはコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
みなさんこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は三協アルミさんより、2017年10月から発売しています新商品のカーポートをご紹介いたします。

その名も「スカイリード」です。



5bc3b6e7456da4a0a662d3cfbc2900b1
見た目はこれまでの一般的なカーポートとさほど変わりはありませんが、その特徴をご説明いたします。




ef3f9ec490bfb0e41ecba99604c4ee29
ポイント~その①

これまでのポリカーボネート屋根には垂木と中桟といった骨組がありましたが、スカイリードには中桟がありません。
その為、これまで以上に視界が広がり爽快感が増しています。



11025acc10194cfefd2ada1e7b2b3f19
ポイント~その②

もちろん高い強度はそのままで、風や雪から車を守ってくれます。




0c6cd99435efa7d057f3fc86115f0903
ポイント~その③

屋根の勾配は、前から後ろに上がる「奥行勾配」となります。




5e36ded2092dd03c722abe73e49ddfed
ポイント~その④

上のカタログのように、お客様のご要望や設置場所の状況に対して、高い対応力があり、様々なニーズに応えられる仕様になっているのもですね。




04ae5287d7fb869f4ad50eb5b3bafee5
ポイント~その⑤

オプションである側面パネルも、上段パネルに台形パネルが用意されていますので、上に隙間がないのも嬉しいですね!




ポイント~その⑥

「スカイリード」は、カタログに記載されている価格も大変リーズナブルになっています。もちろん仕様により実際の価格はまちまちとなりますのですが、他のカーポートに比べたらとても魅力的な価格設定ですよ。



アッと驚くようなデザインではないですが、一つ一つの機能にスキがといった無い印象で、これからのスタンダードになると感じさせるカーポートですね。
ご興味のある方は「弊社ハマニグリーンパーク」までどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


今回紹介したカーポートのHPはコチラ↓↓↓
http://alumi.st-grp.co.jp/products/garage/carport/skylead/lead3.html

お問い合わせはコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works


PAGETOP
みなさまこんにちは。
ハマニグリーンパークの金松です。

今回はディーズガーデンさんの板塀フェンス「アルファウッド」の施工事例を紹介させていただきます。



before
IMG_04791
施工前がコチラ。

vertical
after
IMG_03952
細葉の生け垣を撤去して、同程度の高さにて板塀フェンスを施工しました。




before
IMG_0483
施工前②です。
vertical
after
IMG_0394
敷地の形状に合わせて、およそL字に全長約50mを全て同じ仕様でコンクリートブロック4段積+高さ80cm(5段張り)板塀フェンスとなっております。




before
IMG_0481
施工前③です。
vertical
after
IMG_0393
今回の板塀フェンスは長さ約2m40cmの板材を1枚1枚張りつけていくのですが、通常のアルミフェンスと違い加工が容易なのも特徴の1つです。ですので写真のような土地の形状でも無理なく施工が可能となります。




耐候性樹脂フェンス アルファウッド

8f0782d92a6d7a15d6f8b4f32936329e
今回使用した板材ですが、天然木材ではなく、実は樹脂製の板材です。

板材の表層部は超耐候性ASA樹脂でコーティングされていて、内部はポリスチレン樹脂となっています。

カラーラインナップも全9色展開ですのでお好みで選べます



3cd257dd865a7b85a072b6e4ca9aa866
板材一枚の板幅は「6cm・12cm・18cm」からお選びいただけますので、板幅とカラーの組み合わせ次第でオリジナルデザインのフェンスを作る事が可能になります




いかがでしたでしょうか?
ハマニグリーンパークではブロックフェンスはもちろん、外構工事の事なら何でもご相談に応じます!
お気軽にお問い合わせ下さいね!


お問い合わせはコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
皆さまこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

前回、前々回のつづきです。
新築外構工事の施工現場をご紹介。

前回のブログ・・・新築外構工事~施工事例~

前々回のブログ・・・新築外構工事~施工事例その2~




IMG_0158
今回はコチラの外構工事現場のタイルデッキをご紹介します。

門塀の左にある掃き出し窓へと続くタイルデッキですが、サイズは「間口2間×出幅2間以上」で結構な大きさのタイルデッキとなります。






IMG_0162
全体写真です。

写真で見てもとても大きなタイルデッキですね。

また掃き出し窓まで高さを立ち上げている為、階段は3段造成しています。



IMG_0172
こちらは造成途中で、下地のコンクリート打ちが終わった状態の写真です。

玄関側の階段の踏み面ですが、コンクリート平板を使用して段鼻部を前に飛び出す施工をしています。



IMG_01602
階段部にタイルが貼り終わった状態です。

段鼻を出す効果により、通常の階段とは違って浮遊感が生まれ、とてもキレイな仕上がりになりました。



IMG_01631
壁の内側にも高さ40cm程の腰かけ(ベンチ)を造成してます。
(両端の四角い物は60cm四方のガーデンポットです。)

腰掛けはもちろんタイル貼りですので、お庭の雰囲気にとても合いますね。



IMG_0164
建物との接合部分はグレーチングを据えました。

グレーチングを据える事で、建物の床下換気機能を保ちながら室内と変わらない高さで外に出る事が可能になるとともに、建物の基礎や壁に一切触れることなく造成ができます。




1d7e71d1c009934df8c2d2cbee786732
今回使用したグレーチングは、オンリーワンさんの「スラブコネクター」のスリムの方です。
60cmのものと30cmのものとありますが、好みの長さにオーダーも可能!

また、グレーチング本体は取り外しができますのでお手入れも楽にできる優れものです。



aaf3029adfcba3ca4c2a81c4f03593ab
施工の仕方は上記の通りです。



いかがでしたでしょうか?
普段これほどの大きさのタイルデッキを造成する事はありませんが、やはり大きいほど見栄えが増して建物の外観がさらに良く見えます。タイルデッキはテラス屋根やガーデンルームの床面とも相性ピッタリですので、気になる方はお気軽に弊社「ハマニグリーンパーク」までお気軽にお問い合わせ下さいね。それではまた!


お問い合わせはこちらをクリック↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/contactus

ハマニグリーンパークの施工事例はコチラのクリック↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works



PAGETOP
皆さまこんにちは。
ハマニグリーンパークの金松です。

前回のブログの続きとして、新築外構工事の施工事例のご紹介。
今回は工事の内容について少しご説明します。

前回のブログはコチラをクリック



IMG_0323
施工前です

まずは掃き出し窓の前にタイルデッキと、道路境界の塀の下地を造成しなくてはなりませんが、今回は塀から作ることになりました。



IMG_0014
掘削作業

最初にベースとなるコンクリートを打つ為の掘削作業です。今回は高さ2mの塀ですので、その分丈夫なベースが必要です。
塀の埋め込み分とベースコンクリート・路盤材の厚み分深く掘削します。




IMG_00211
ベースコンクリート打設

今回は「CPブロック」にて塀を作りますので、そのベースをコンクリートで打ちます。

※CPブロックとは、通常のコンクリートブロックよりも開口が広く、モルタルではなく生コンクリートを流し込む事で強度が増し、土留めとして使用したり高く積み上げたりする際に使用します。




IMG_00421
ブロック積み

ベースコンクリート打ちが終わったらブロック積です。今回は全部で11段積む予定です。
積み終わった後はポンプ車とバイブレーターを使用してブロック内へ全て生コンクリートを流し込みます。




IMG_01031
モルタル塗り

ブロックを全て積み終わったら、仕上げ塗装の下地となるモルタルをキレイに塗ってもらいます。




IMG_0158
完成

壁面の仕上げはジョリパットをローラーで仕上げてもらいました。




e4699950385f5d50933e25908b0dbb06
今回使用したブロックはコチラです。

ユニソンさんの「ユニRM型枠ブロック」です。CP型枠ブロックと全く同じものです。


次回は塀の内側に造成した300角タイルデッキをご紹介させていただきます。
それではまた!


弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
皆さまこんにちは。
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は新築外構工事の施工事例をご紹介いたします。




before
IMG_0323
施工前がコチラ

当たり前ですが、新築の建物ですのでな~んにもありません。
vertical
after
IMG_0158
完成後がコチラ

掃き出し窓前のお庭部分は高さ2mの塀に囲い、外からの視線を完全に遮断。
塀の構造に関しては後日ブログにてアップさせていただきますね。

塀の横のガーデンポットも雰囲気によく合っています。(ポット内は今後お施主様がご自身で色々植えられるそうです。)



before
IMG_0322
別アングルの施工前写真です

雨水・汚水のマスが所々ありますので、車も停めにくい状態です。



vertical
after
IMG_0157
完成後です

境界の見切りとしてブロック・フェンスを、それと奥に物置と車1台用のカーポートを取り付けました。
雨の日でもそれ程濡れずに物置まで行くことが出来ます。カーポートというよりはサービスヤードのルーフといった役割も果たしてくれていますね。ちなみに屋根の材質は「熱線吸収ポリカーボネート」を使用していますので、夏の暑い日差しも多少やわらぐはずです。




IMG_0155
正面からの写真

右半分は車を駐車するためのスペースとして全てコンクリート打ちにしていますので、とても解放感のある印象に仕上げっています。

またこの写真では見えませんが、左側の壁の内側は300角のタイルデッキを広めに造成しています。詳細は後日ブログにてアップさせていただきますね。




IMG_0154
最後に門塀

化粧ブロックにポスト・表札・インターホンといったオーソドックスな形ですが、天端と側面にアルミ笠置を取付けしてアクセントとしています。



いかがでしたか?

お施主様より配色のご指定をいただいたりしながら、とても感じのいい仕上がりになりました。
次回のブログでは、今回の工事の内容について少しご説明していこうかと思いますのでどうぞお楽しみに。


弊社の施工事例はこちらをクリック↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works



PAGETOP
みなさんこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

以前に私のブログでヨドコウ「ヨド蔵MD(マルチ&デラックス)」を紹介しましたが、
http://hamanigreen.co.jp/blog/j_kanematsu/20170910kanematsu.html

今回は実際の施工写真をご紹介いたします。






before
IMG_01922
施工前です。

既存の駐車場に作業スペースをお考えでした。

vertical
after
IMG_0261
施工後です。

作業スペースという事で部屋の中に何時間か滞在する事が考えられる為、断熱構造の多目的物置をご提案させていただきました。
当然、出入りする為のはき出し戸小窓空調設備照明設備換気設備をオプションで追加し、分電盤、コンセント等の電気設備も整えております。

施工サイズは「間口:約3m60cm/奥行:約1m80cm/高さ:約2m40cm」です。




IMG_02901
写真奥に見えるのが、換気扇。

その右隣に「エアコン用パネル」を取り付けしてあります。このパネルには下地として胴縁が入っていますので、エアコンの様な重たい物を取り付ける事が可能になります。
なお、通常パネルには下地が入っていませんので、ビス等で棚などを固定することが出来ませんのでご注意ください。




IMG_02311
今回は室内奥に重たい物を置く予定ですので、念のため基礎ブロックを増量しました。
通常はこのサイズですと基礎ブロック数は全部で20個が標準となります。




室内で作業をしたり、滞在する時間が多い場合の為の様々なオプションが用意されています。
用途に合わせてお選びくださいね。

ご相談は弊社ハマニグリーンパークまでお気軽に!
http://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工写真はこちら↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
皆さんこんにちは
ハマニグリーンパークの金松です。

今回は三協アルミさんの人工木デッキ「ひとと木2」の施工写真をご紹介です。

before
IMG_0374
施工前です。

天然木のデッキ材でしたが、経年劣化によりだいぶ傷んでいました。
vertical
after
IMG_0286
施工後です。

人工木ですが、とてもキレイになりましたね。




IMG_0288
今回は通常の床板ではなく、「木目床板」を使用。

よりリアルな木質感となっており、風合いが増しています。
また、通常の床板と比べて肉厚も厚くなっており、より頑丈な仕上がりとなっております。
表面の加工も木目の彫が深くなっていますので滑りにくいというメリットもあります。



IMG_02891
また、床板は「千鳥張り(横)」というちょっと珍しい張り方をしていますが、木目床板と相まってとても良い雰囲気です。

◆床板の張り方は「縦張り」と「横張り」があります。
最近は縦張りを多く見かけますが、床板の幅と取り付け場所の納まり方によって変更することができます。
ただしその際には床下の構造が変わる為、若干お値段が変わることがありますのでご注意ください。



e460e7c5f9cf4c5344cab6390fc3167a
サンプル画像 : 標準張り【 縦 】



c777f46b07c37b7e8e6ae41982fa44e5
サンプル画像 : 千鳥張り【 横 】





IMG_0283
束柱も「木調色」のトラッドパインになっていて、お施主様のこだわりを感じます。



人工木デッキは「台形納まり」「アール納まり」など様々な形状に加工することが可能です。
お庭の大きさや設置条件に合わせてお気軽にご相談ください。


- 人工木デッキ「ひとと木2」 プラン例 -

98da271640a2697464fa73960260f8c0

その他、「二段デッキ」「フェンス」など、まだまだ語りきれていない特徴がありますが、詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいね。
それではまた


お問い合わせはコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works


PAGETOP
みなさんこんにちは

ハマニグリーンパークの金松です。

今回は三協アルミさんの機能ポール「ファノーバ」のご紹介です。



27b7c04a59286722b9b82fb482b4151e
こちらの機能ポール「ファノーバ」はスマートなデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力的。

それでいてポスト・表札・照明・インターホンの取り付けが可能で、機能ポールとしての役割を十分に果たしてくれます。



ce4e5cc07e1450b6a751b86409a77c6e
本体のポールはアルミ色の「形材タイプ」と木調色の「木調タイプ」から選択可能。

木調タイプはアルミ色と木調色の2トーンカラーになっていてカッコいいですね。

19847086ba0908e96027777da23e5abd
木調色の中でも上記の3色は「浮造り調」になっていて、さらに魅力的は仕上がりになっています。




2f74cfe3b2e7d55a75a69d104ff07cf6
表札は「アクリルタイプ」「ガラスタイプ」「陶器タイプ」の中から、レイアウトや書体と共に選んでいただき取り付けます。

こちらの機能ポール「ファノーバ」はドライバー1本で簡単に表札交換が可能な構造になっていますので、表札に拘りたい方にはオススメかもしれませんね。




27393de310d1ff99c9c4bb89943347a51
ポールの側面に設置する「側面設置タイプ」

側面設置タイプには2つの取り出し方があり、「後ろ出しタイプ」と「横出しタイプ」から選べます。
また、設置位置も右側、左側と選ぶことが出来ますので、設置場所に合わせて決めてください。

8f2506d3e60abfc547e8fc37acc47fef
ポールの正面に設置する「正面設置タイプ」

シンプルで飽きのこないデザインですね。





いかがでしたか?
価格も機能ポールとしてはリーズナブルな設定となっていますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。


お問い合わせはコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/contactus


弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works
PAGETOP
みなさんこんにちは

ハマニグリーンパークの金松です。

前回のブログにてタクボのガレージ「ベルフォーマ/カールフォーマ」を載せましたが、今回は実際の施工写真のご紹介です。
前回のブログ:http://hamanigreen.co.jp/blog/j_kanematsu/20170916kanematsu.html

今回取り付けたのは巻き上げシャッター扉の「カールフォーマ」となります。
※オーバースライド扉の場合には、名称が「ベルフォーマ」となります。



IMG_0110
施工前の写真




IMG_0151
まずはガレージ本体を乗せる土台、基礎を造成します。

今回はリーズナブルにコンクリートブロックにて基礎を作っています。




IMG_0177
ガレージ取付完了です。

今回取り付けたのは
間口:2m70cmの2連棟タイプですので、合わせて5m40cmの間口となります。

高さは「SS型・SM型・SL型」の中から一番高いSL型を選んでいます。
有効開口高は「約2m90cm」ありますので、一般的なガレージと比べて結構高いです!



IMG_01762
連結タイプの場合、オプションで「間仕切り」を取り付ける事で、左右で用途を使い分けることが出来るようになります。
※上の写真では取付けはしていません。



IMG_01752
オプションの「壁面引き戸」を、側面か後面に取り付ける事が出来ます。
シャッタータイプのガレージでは、ほぼ必須オプションと言えますね。



いかがでしたか?
弊社「ハマニグリーンパーク」では外構の事なら何でもご相談に応じます。
お気軽にお問い合わせ下さいね。


お問い合わせはコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/contactus

弊社の施工事例はコチラ↓↓↓
http://hamanigreen.co.jp/works


PAGETOP